Photoshopで切り抜きができない6パターンと対処法

Photoshopで切り抜きをしたいのに、よく分からないエラーが出たりして切り抜きができなかったことはありませんか。
今回は、Photoshopで切り抜きができない6つのパターンと対処法について紹介します。
対処法を覚えて、エラーにも即座に対応できるようにしましょう。

そもそもどれが切り抜きのツールが分からない・パネルにない

Photoshopを初めて使う方は、どれが切り抜きに使うツールなのか分からないかもしれません。
Photoshopには、切り抜きに使うツールが多くあります。
今回は、切り抜きに使う3つのツールの場所について紹介します。

切り抜きツール

切り抜きツール

切り抜きツールは、画像を自由な大きさにトリミングすることができるツールです。
切り抜きツールは、「遠近法の切り抜きツール」や「スライスツール」と同じ場所にあります。
表示されているアイコンを右クリックするか、左クリックで長押しすると表示されます。

クイック選択ツール

クイック選択ツール

クイック選択ツールは被写体を自動で囲み、選択範囲を作ってくれる便利なツールです。
クイック選択ツールは、「自動選択ツール」や「オブジェクト選択ツール」と同じ場所にあります。
表示されているアイコンを右クリックするか、左クリックで長押しすると表示されます。

ペンツール

ペンツール

ペンツールは、選択範囲をパスで作ることのできるツールです。
ペンツールは、「曲線ペンツール」や「アンカーポイントの切り替えツール」と同じ場所にあります。
表示されているアイコンを右クリックするか、左クリックで長押しすると表示されます。


deleteキーで選択範囲を消せない

deleteキーで選択範囲を消せない

deleteキーをクリックして選択範囲を削除しようとしたとき、塗りつぶしの表示が出てくる時があります。
この場合、まずレイヤーパネルを確認しましょう。
選択範囲を削除したいレイヤーが「背景」となっている場合、選択範囲を削除することはできません。


通常のレイヤーにする

レイヤーの名前の部分をダブルクリックするか、鍵マークをクリックすることで通常のレイヤーにすることができます。


通常のレイヤーにする

通常のレイヤーにすれば、選択範囲を削除することができます。


スマートオブジェクトになってる

スマートオブジェクトとは、縮小したり拡大しても画像が劣化しないデータ形式のことです。
切り抜きをしたいレイヤーがスマートオブジェクトになっている場合は、切り抜きを行うことはできません。
レイヤーをラスタライズして切り抜きができる状態にする必要があります。

  • ラスタライズとは・・・ラスタライズとは簡単に言うとベクター画像をビットマップ画像に変換することです。

ラスタライズ

レイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」を選択します。
これで色の置き換えをすることが可能になります。


レイヤーがロックされている

レイヤーの右側に、鍵マークがついていると、レイヤーがロックされています。
切り抜きをしたいレイヤーがロックされている場合、切り抜きを行うことはできないのでレイヤーのロックを解除する必要があります。

ロック

レイヤーのロックを解除するのは簡単で、鍵マークをクリックすることでロックの解除をすることができます。


「編集」の「消去」がクリックできない

画面上部のメニューの、編集>消去が選択できない場合の対処法を紹介します。

そもそも何にも選択していない

選択範囲を作成

編集>消去は、選択範囲がないと使うことができません。
クイック選択ツールやペンツールを使って選択範囲を作成してみましょう。
選択範囲を消去することができるようになります。

別のレイヤーを選択している

別のレイヤーを選択している場合、思うように選択範囲を消去できないかと思います。
レイヤーパネルを確認して、どのレイヤーが選択状態になっているのか確認しましょう。
他のレイヤーを選択している場合、違う場所が消去されますのでどのレイヤーを選択しているか消去する前に確認しておきましょう。


新規アートボードが作成されている

新規アートボードが作成されている

切り抜きツールを使うとき、切り抜きをしようしても新規アートボードが作成されてしまうことはありませんか。


アートボード

おそらく、新規作成をする際に「アートボード」の項目にチェックマークが入っていることが原因です。
新規作成をする際に「アートボード」へチェックを入れると、切り抜きツールを使うときにアートボードが作成されてしまうので注意しましょう。


ただ副業してもダメ!?
デザインだけに専念して収入も増やせる方法とは?

今回の記事を読んだ方は、デザイナーもしくはデザイナー見習いという人が多いのではありませんか。
今の会社や収入に不満のあり、デザインの副業をして収入を増やそうと考える人もいるでしょう。
しかし、実際に副業をしても

「クラウドソーシングで探しても倍率が高くコンペも落とされる…」
「案件を取るために自分で営業しても上手くいかない…」
「単発の案件ばかりで継続的に稼げない…」
「営業や事務作業などの無駄な時間が多い…」

という悩みを持ったことはありませんか。

副業やフリーランスの場合、営業や事務対応など全ての作業を自分で行なわないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「案件を紹介してくれたり、仕事中のサポートをしてくれる人」がいたら副業も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「レバテッククリエイター」を使用すれば、未経験者でもデザインだけに専念して収入UPが可能です。
レバテッククリエイター」はクリエイター向けの案件紹介サイトです。

特長的なのは自分に適した案件を紹介してくれるためデザインに専念できる点と、キャリアプランや仕事の進め方、果ては次回プロジェクトについての相談が可能な点です。

それら全てのサービスを無料で使用できます。
そのため、デザインに専念して収入を増やしたい人自分で営業したくない人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • 営業の手間を省いてデザイン作業だけで収入UPできる!
  • 無料のキャリア相談でより良い働き方を実現できる!
  • フリーランスでも継続して案件がもらえるので安心!

レバテッククリエイターは60秒で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、すぐに担当者がついてキャリアプランや案件について相談可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

60秒でレバテッククリエイターに無料登録

スマホの方はこちらからチェック!

まとめ:多くのパターンと対処法がある

切り抜きができなくなるときは多くのパターンと対処法があります。
以下が今回のまとめです。

  • Photoshopには切り抜きに使うツールが多くある
  • レイヤーが背景になっている場合は、通常のレイヤーに変更する
  • レイヤーがロックされている場合は、鍵マークを外す
  • レイヤーがスマートオブジェクトになっているときはラスタライズする
  • 新規作成をする際に「アートボード」へチェックが入っていないか確認する

またこの他にも、Photoshopに関する便利な記事を投稿していますのでぜひご覧ください。