Photoshop(フォトショップ)で色の置き換えができない!確認する点と対処法

色の置き換えは、Photoshopの中でもかなり使う頻度の高い技術なのではないでしょうか。
今回の記事では、色の置き換えができなくなった時の対処法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

「色の置き換え」が選べない場合に確認すること

色の置き換えが編集できない時に確認することは、「対象のレイヤーがスマートオブジェクトになっていないか」、「カラーモードは色の置き換えができるものか」の2つがあります。
ここでは、それぞれの確認方法について紹介します。

レイヤーがスマートオブジェクトになっていないか

スマートオブジェクト

スマートオブジェクトになっている場合、レイヤーに画像のようなマークがついています。
スマートオブジェクトとは、縮小したり拡大しても画像が劣化しないデータ形式のことです。
もし、色の置き換えをしたいレイヤーがスマートオブジェクトになっている場合、色の置き換えをすることはできません。
なので、色の置き換えをするためにレイヤーをラスタライズする必要があります。

  • ラスタライズとは・・・ラスタライズとは簡単に言うとベクター画像をビットマップ画像に変換することです。
ラスタライズ

レイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」を選択します。
これで色の置き換えをすることが可能になります。

カラーモードは色の置き換えができるものか

色の置き換えはカラーモードが「RGBカラー」、「CMYKカラー」、「LaBカラー」の時のみ使用できます。
また、bit数が8bitでないと色の置き換えをしてもエラーが起こる可能性があります。

カラーモード

画面上部のメニューからイメージ>モードを選択して、カラーモードとbit数を確認してください。
カラーモードが「グレースケール」や「モノクロ2階調」になっている場合は前述したいずれかのカラーモードに設定してください。


白・黒・グレーの色を置き換える方法

ここでは白や黒の無彩色を他の色に置き換える方法を紹介します。
色の置き換えツールでは無彩色を有彩色に変更することができないので他のツールを使って色の置き換えを行います。

色域指定で色の置き換えをしたい部分を選択

カラーモード

※まず事前準備としてカラーモードを確認しましょう。
確認したら、色の置き換えを行っていきます。


色域指定

画面上部のメニューから選択範囲>色域指定を選択します。


許容量を調整

色域指定のパネルが表示されます。
色の置き換えをしたい部分をクリックして、許容量を調整します。
色の置き換えをしたい部分を選択出来たら「OK」をクリックしてください。


選択範囲

すると選択範囲が出来上がります。


新規塗りつぶしレイヤーを作成

新規塗りつぶしレイヤー

画面上部のメニューからレイヤー>新規塗りつぶしレイヤーをクリックして、「べた塗り」を選択します。


カラーピッカー

「OK」をクリックして、カラーピッカーで好きな色を選択します。


選択範囲

選択範囲に新たに色が追加されました。


色相・彩度を調整

最後に色相と彩度を調整します。

色相・彩度

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」から「色相・彩度」を選択し色調補正を行います。


色調補正

納得のいく色に仕上がったら完成です。
色の塗り具合に違和感がある場合は不透明度を下げたりレイヤーの描画モードを設定し直してみてください。


まとめ:色の置き換えをマスターしよう

色の置き換えをマスターすれば、レタッチが格段にやりやすくなって便利です。
以下が今回のまとめです。

  • 色の置き換えができない場合は、「対象のレイヤーがスマートオブジェクトになっていないか」、「カラーモードは色の置き換えができるものか」を確認する
  • モノクロの画像でも、色の置き換えをすることは可能

また、当サイトではPhotoshopに限らずIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で説明しております。
Adobeソフトの機能や写真の加工、動画の編集などに関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。