Photoshopのブラシが塗れない・色が白黒になる時の対処法

Photoshopでブラシを使っているときに、塗れなくなったり色が白黒になってしまうことはありませんか。
今回は、ブラシが塗れない・色が白黒になる時の原因と対処法について紹介します。

原因1:モードがグレースケールになっている

ブラシを使っている時に、色が白黒になる場合モードがグレースケールになっている可能性があります。
グレースケールの場合いくら色を変更しても白や黒、灰色などの無彩色しか塗れなくなります。
対処法としてはモードを変更する必要があります。
下記がモードを変更する手順です。

RGBカラーをクリック

画面上部のメニューからイメージ>モードを選択してRGBカラーをクリックします。
これで、色を変更することができます。


原因2:不透明度、塗りが0になっている

色が塗れなくなった場合、レイヤーの不透明度や塗りが0になっている場合があります。

不透明度と色の部分を確認

レイヤーパネルを見て、不透明度と色の部分を確認しましょう。
どちらも0でない場合、他の原因を探しましょう。


原因3:描画モードがおかしくなっている

レイヤーの描画モードが通常でない場合、うまく色が塗れないことがあります。

描画モードを通常に戻す

レイヤーパネルを見て、描画モードを確認しましょう。
描画モードが通常以外になっている場合、描画モードを通常に戻しましょう。


原因4:レイヤーがロックされている

色が塗れない場合、レイヤーがロックされている可能性があります。

レイヤーにロックがかかっていないか確認

レイヤーパネルを見て、レイヤーにロックがかかっていないか確認しましょう。
レイヤーに鍵のマークがある場合、レイヤーにロックがかかっているのでクリックして解除しましょう。


原因5:マスクの範囲外で作業している

新規レイヤーを作成

画像のようにマスクを使用している場合、マスクの範囲外は色を塗ることができません。
マスクの範囲外を塗りたい場合は、新規レイヤーを作成しましょう。


原因6:クリッピングマスクを使用している

新規レイヤーを作成

画像のようにクリッピングマスクを使っていると、下のレイヤーの範囲以外を塗ることはできません。
クリッピングマスクの範囲外を塗りたい場合は、マスクの時と同様に新規レイヤーを作成しましょう。


まとめ:レイヤーパネルとモードをチェック

色が塗れなかったり、白黒になる場合はモードやレイヤーパネルをチェックすることで確認できます。
ひとつひとつ確認して原因を探りましょう。
以下が今回のまとめです。

  • 色が白黒になる場合はモードをチェックする
  • 色が塗れない場合レイヤーパネルをチェックする
  • マスクやクリッピングマスクを使っている場合、範囲外を塗ることはできない

また、この他にもPhotoshopの使い方についての記事を執筆していますので、興味のある方はぜひご覧ください。