綺麗に作れる!Photoshopの色域指定で選択範囲を作る方法

Photoshopで切り取りのために選択範囲を作成する際、クイック選択ツールを使う人が多いのではないでしょうか。
色域指定では、画像の色から選択範囲を作ることができます。
この記事では、Photoshopの色域指定を使って選択範囲を作成する方法や作成した選択範囲の色を変更する方法を紹介します。

選択範囲>色域指定から開く

まずは、色域指定のウィンドウを開きます。

色域指定を選択

画面上部のメニューから選択範囲>色域指定を選択します。


色域指定のウィンドウが開く

色域指定のウィンドウが開きます。
このウィンドウで選択範囲を調整していきます。


範囲指定したい色域を選択

選択範囲を作成していきます。

選択範囲にしたい部分をクリック

画像の選択範囲にしたい部分をクリックします。
すると、色域指定のウィンドウにクリックした部分が白色で表示されます。


サンプルに追加

また、選択範囲として読み取りたい部分を追加したいときは、スポイトツールから「サンプルに追加」へ持ち替えましょう。


選択範囲を増やすことができる

これで、画像をクリックすれば選択範囲を増やすことができます。
このままOKをクリックしても良いのですが、もう少し選択範囲を広げたいので許容量を調整していきます。


許容量の調整

許容量の値を調整

色域指定の許容量の値を調整していきます。


許容量の値を調整

許容量の値を大きくすると選択範囲も大きくなります。
許容量の値を調整したら、OKをクリックしましょう。


選択範囲が作成される

選択範囲が作成されました。
次は選択範囲を切り取っていきます。


選択範囲を切り取る

ここでは、作成した選択範囲を切り取っていきます。
新規レイヤーとして切り取る方法とレイヤーマスクを使う2つの方法を紹介します。

新規レイヤーとして切り取る方法

新規レイヤーとして切り取る方法は簡単です。

「新規レイヤーを作成」をクリック

Ctrl+Cで選択範囲をコピーして、レイヤーパネルの「新規レイヤーを作成」をクリックします。


選択範囲を貼り付け

作成された新規レイヤーを選択して、Ctrl+Vでコピーした選択範囲を貼り付けます。


選択範囲が切り取られている

背景のレイヤーを非表示にしてみると選択範囲が切り取られていることが確認できました。

レイヤーマスクを使って切り取りする方法

次にレイヤーマスクを使った切り抜きの方法について紹介します。

「レイヤーマスクを追加」をクリック

レイヤーマスクを使って切り取るには、レイヤーパネルの「レイヤーマスクを追加」をクリックします。


切り取ることができた

レイヤーマスクを使って切り取ることができました。


おまけ:色を変換する

最後に、選択した範囲の色を変換する方法について紹介します。

調整レイヤーを追加する

選択範囲を保持した状態から始める

画像のように選択範囲を保持した状態から始めます。


「色相・彩度」を選択

レイヤーパネルの「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」から、「色相・彩度」を選択します。


調整レイヤーが作成される

調整レイヤーが作成されました。

色相・彩度を編集する

作成された調整レイヤーを使って色を変換していきます。

色調補正

色相の値を変更すると色が変化します。
色相以外にも彩度や明度を使って色を変化させることが可能です。


まとめ:色の分かれ目がはっきりした画像だと簡単

色域指定を使って選択範囲を作成する場合、色の分かれ目がはっきりした画像が望ましいです。
以下が今回のまとめです。

  • 選択範囲として読み取りたい部分を追加したいときは「サンプルに追加」を使う
  • 許容量の値を調整して選択範囲を作成する
  • 調整レイヤーを使って選択範囲の色を変更できる

また、この他にもPhotoshopの使い方について多くの記事を投稿しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。