Photoshopで文字の縁取り|グラデーションやパターンの応用も紹介

文字の縁取りをする時、Photoshopでは多くのバリエーションを作成できます。
この記事では、Photoshopで文字の縁取りをする方法について紹介します。

通常の文字の縁取り

まずは、通常の文字の縁取りの方法について紹介します。
具体的な手順は以下の通りです。

STEP.1
文字の入力
縁取りをするための文字を入力します
STEP.2
レイヤースタイルから境界線を追加する
レイヤースタイルから境界線を追加し、文字の縁取りをします
STEP.3
境界線の調整
境界線の位置やサイズを調整します

文字の入力

まずは、縁取りをする文字を入力します。
好きな文字を入力

ツールバーの文字ツールを選択して、好きな文字を入力してください。

レイヤースタイルの境界線を使って縁取りする

文字を入力たら縁取りを行っていきます。

境界線をクリック

レイヤーパネルの「レイヤースタイルを追加」から、境界線をクリックします。


レイヤースタイルのパネル

レイヤースタイルのパネルが開きます。
次は境界線を調整します。

境界線の調整

境界線を調整していきます。

境界線の色を変更

まずは、境界線の色を変更します。
カラーのアイコンをクリックすると、カラーピッカーが開くのでお好みの色に変更してください。


サイズと位置を調整

次にサイズと位置を調整します。
サイズを10px、位置を外側にします。


文字の縁取りが完了

これで文字の縁取りが完了しました。


文字の2重縁取りの方法

次に文字の2重縁取りの方法について紹介します。

通常の文字の縁取り

先ほどの、通常の文字の縁取りを終わらせた状態から始めます。


境界線が追加される

境界線の横にある「+」ボタンをクリックすると、境界線がもう一つ追加されます。


新たなに追加された境界線を編集

新たなに追加された境界線(下の方)を編集します。


カラーとサイズを設定

カラーを好きな色に、サイズを20ピクセルに設定してください。


2重縁取りの完了

これで文字の2重縁取りは完了です。


文字の縁をグラデーションにする

文字の縁の部分をグラデーションにする方法について紹介します。

通常の文字の縁取り

2重縁取りの時と同様に、通常の文字の縁取りを終わらせた状態から始めます。


「カラー」から「グラデーション」に変更

塗りつぶしタイプを「カラー」から「グラデーション」に変更します。


グラデーションに変更

単一色からグラデーションに変更できました。
色やスタイル、角度を自由に変更できます。


文字の縁にパターンを使う

最後に文字の縁にパターンを使う方法について紹介します。

通常の文字の縁取り

通常の文字の縁取りを終わらせた状態から始めます。


「カラー」から「パターン」に変更

塗りつぶしタイプを「カラー」から「パターン」に変更します。


パターンに変更

これで文字の縁にパターンを使用することができるようになります。


まとめ:様々なバリエーションがある

Photoshopの文字の縁取りには、多くのバリエーションがあります。
ぜひ使い方を覚えて、制作に役立ててください。
以下が今回のまとめです。

  • レイヤースタイルの境界線を使うことで文字の縁取りが可能
  • 境界線を追加すれば文字の2重縁取りができる
  • 塗りつぶしタイプを変更すれば、グラデーションやパターンなどを使用できる

また、この他にもPhotoshopの使い方について紹介した記事を多く投稿しております。
興味のある方はぜひご覧ください。