Photoshop(フォトショップ)で写真をドット絵に変換する方法

Photoshopでは、写真をドット絵のように加工することができます。
今回の記事では、Photoshopで写真をドット絵に変換する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

画像サイズを変更

ドット絵を作成するのは簡単で、画像のサイズを変換します。

イメージ>画像解像度を選択

画面上部のメニューから、イメージ>画像解像度を選択します。


画像の幅と高さを調整

画像の幅と高さを調整します。
単位を%にして数値を1にしてみましょう。


ドット絵

画像がドットになりました。
この方法でドット絵を作ることができます。


ドット絵を作るときのコツ

ここでは、写真をドット絵に変換する方法について紹介します。

彩度とコントラストを上げる

彩度とコントラストを上げる

画像の彩度やコントラストを強くするときれいなドット絵を作ることができます。
調整レイヤーを使って、いろいろいじってみましょう。

拡大するときはニアレストネイバー法を使う

ぼやけた画像

作成したドット絵を普通に拡大すると、画像のようにぼやけた画像になってしまいます。


ニアレストネイバー法

拡大するときに、画面上部のメニューから拡大方法をニアレストネイバー法に変更します。


ドットを保持したまま拡大

これで、ドットを保持したまま拡大させることができます。


まとめ:色々な画像で可能

今回紹介した方法を使用すれば、色々な写真をドット絵にすることができます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。