パスが変化しない?Illustratorのパスの角を丸くする方法

Illustratorで画像や文字の角を丸くするときにパスが変化しない場合があります。
今回は、パスの角が丸くならない場合とパスを丸くする方法について紹介します。

パスの角が丸くならない場合

パスの角が丸くならない場合

パスの角が丸くならない場合として、スタイライズを使って角を丸くしていることが挙げられます。


角を丸くするを選択

シェイプを作成し画面上部のメニューから、効果>スタイライズ>角を丸くするを選択します。
半径の大きさを調整して、OKをクリックすると角が丸くなります。
このスタイライズを使った場合、見た目は丸くなりますがパスは変更されないため他の編集をするときに面倒です。
そこで、次にパスの角を丸くする方法について紹介します。


パスを丸くする方法

パスを丸くする方法は主に2つあります。
ここではアピアランスを分割する方法と、ライブコーナーウィジェットを使う方法について紹介します。

アピアランスを分割

アピアランスを分割する方法は簡単です。

アピアランスを分割

シェイプを選択した状態でオブジェクト>アピアランスを分割をクリックします。


アピアランスを分割

これでパスの角を丸くできました。

ライブコーナーウィジェットを使う

次の方法は、ライブコーナーウィジェットを使うやり方です。

ライブコーナーウィジェット

ダイレクト選択ツールでライブコーナーウィジェットをクリックしたままドラッグします。
するとパスを丸くしたまま角を調整できます。


ライブコーナーウィジェット

ライブコーナーウィジェットを使った方法は、画像のように一つ一つの角の丸みを調整できるので、細かいシェイプを調整したいときは便利です。


まとめ:パスを丸くした方が編集が楽

パスを丸くしておくと細かい編集をしたいときに楽です。
以下が今回のまとめです。

  • スタイライズを使うとパスは丸くならない
  • アピアランスを分割することでパスを丸くできる
  • ライブコーナーウィジェットは一つ一つの角の丸みを調整できる

また、この他にもIllustratorの使い方について紹介しておりますのでぜひご覧ください。