作業スピードを爆上げするIllustratorのショートカット集

Illustratorに限らず、パソコンを使うときはショートカットキーを覚えておくと便利です。
この記事では、Illustratorで使えるショートカットキーについて紹介していきます。

ツール系のショートカットキー

まずは、ツールのショートカットキーを紹介します。
ツールを持ち替える手間が省けるので、これだけでも覚えておくと便利です。

  • アートボードツール・・・Shift + O
  • 選択ツール・・・V
  • ダイレクト選択ツール・・・A
  • 自動選択ツール・・・Y
  • なげなわツール・・・Q
  • ペンツール・・・P
  • 曲線ツール・・・Shift + ~
  • 塗りブラシツール・・・Shift + B
  • アンカーポイントの追加ツール・・・+(プラス記号)
  • アンカーポイントの削除ツール・・・-(マイナス記号)
  • アンカーポイントに切り替えツール・・・Shift + C
  • 文字ツール・・・T
  • 文字タッチツール・・・Shift + T
  • 直線ツール・・・¥(円記号)
  • 長方形ツール・・・M
  • 楕円形ツール・・・L
  • ブラシツール・・・B
  • 鉛筆ツール・・・N
  • Shaper ツール・・・Shift + N
  • 回転ツール・・・R
  • リフレクトツール・・・O
  • 拡大・縮小ツール・・・S
  • ワープツール・・・Shift + R
  • 線幅ツール・・・Shift + W
  • 自由変形ツール・・・E
  • シェイプ形成ツール・・・Shift + M
  • 遠近グリッドツール・・・Shift + P
  • 遠近図形選択ツール・・・Shift + V
  • シンボルスプレーツール・・・Shift + S
  • 棒グラフツール・・・J
  • メッシュツール・・・U
  • グラデーションツール・・・G
  • スポイトツール・・・I
  • ブレンドツール・・・W
  • ライブペイントツール・・・K
  • ライブペイント選択ツール・・・Shift + L
  • スライスツール・・・Shift + K
  • 消しゴムツール・・・Shift + E
  • はさみツール・・・C
  • 手のひらツール・・・H
  • ズームツール・・・Z

シェイプを編集するときに使うショートカットキー

ここでは、シェイプを編集するするときに使えるショートカットキーを紹介します。

  • ペンツールをアンカーポイントの切り換えツールに切り替える・・・Alt(Macの場合はOption)
  • アンカーポイントの追加ツールとアンカーポイントの削除ツールを切り替える・・・Alt(Macの場合はOption)
  • はさみツールをアンカーポイントの追加ツールに切り替える・・・Alt(Macの場合はOption)
  • 鉛筆ツールをスムーズツールに切り替える・・・Alt(Macの場合はOption)
  • シェイプ形成ツールを選択・・・Shift + M
  • ジェクトの追加を終了・・・Alt + Shift + Ctrl + B(Macの場合はOption + Shift + Command + B)
  • ワープ形状のエンベロープを使用したオブジェクトの変形・・・Alt + Ctrl + Shift + W(Macの場合はOption + Command + Shift + W)
  • メッシュをエンベロープの形状として使用してオブジェクトを変形・・・Alt + Ctrl + M(Macの場合はOption + Command + M)
  • 他のオブジェクトをエンベロープの形状として使用してオブジェクトを変形・・・Alt + Ctrl + C(Macの場合はOption + Command + C)

その他ファイル操作や編集する際のショートカットキー

最後にファイル操作や編集などのショートカットキーを紹介します。
他のソフトでも使われることのあるショートカットキーもありますので覚えておくと良いでしょう。

  • 新規プロジェクトの作成・・・Ctrl + Alt + N (Macの場合はOption + Command + N)
  • プロジェクトを開く・・・Ctrl + O (Macの場合はCommand + O)
  • プロジェクトを閉じる・・・Ctrl + Shift + W (Macの場合はCommand + Shift + W)
  • 閉じる・・・Ctrl + W (Macの場合はCommand + W)
  • 上書き保存・・・Ctrl + S (Macの場合はCommand + S)
  • 別名で保存・・・Ctrl + Shift + S (Macの場合はCommand + Shift + S)
  • 読み込み・・・Ctrl + I (Macの場合はCommand + I)
  • 取り消し・・・Ctrl + Z (Macの場合はCommand + Z)
  • やり直し・・・Ctrl + Shift + Z (Macの場合はCommand + Shift + Z)
  • カット・・・Ctrl + X (Macの場合はCommand + X)
  • コピー・・・Ctrl + C (Macの場合はCommand + C)
  • ペースト・・・Ctrl + V (Macの場合はCommand + V)
  • すべてを選択・・・Ctrl + A (Macの場合はCommand + A)
  • すべてを選択解除・・・Ctrl + Shift + A (Macの場合はCommand + Shift + A)
  • 検索・・・Ctrl + F (Macの場合はCommand + F)

ショートカットキーのカスタマイズ方法

ここでは、ショートカットキーのカスタマイズ方法について紹介します。
ショートカットキーのカスタマイズ方法

まずは、画面上部のメニューから編集>キーボードショートカットを選択します。


ショートカットキーのカスタマイズ方法

画面の「コマンド」の部分からショートカットキーを変更したいツールをクリックします。
するとショートカットの内容を変更できるようになります。


まとめ:ショートカットキーを覚えることで作業効率も上がる

Illustratorショートカットキーについて紹介しました。
ショートカットキーは非常に種類が多く、ソフトによって内容が異なる可能性もあります。
なので、無理にすべてを覚える必要はないかと思います。
まずは、自分がよく使うツールのショートカットキーを覚えていくのが良いでしょう。

また、この他にもIllustratorに限らず、PhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフトの使い方を紹介しています。
気になる方はぜひご覧ください。