作業スピードを爆上げするAfter Effectsのショートカット集

After Effectsに限らず、パソコンを使うときはショートカットキーを覚えておくと便利です。
この記事では、After Effectsで使えるショートカットキーについて紹介していきます。

ツール系のショートカットキー

まずは、ツールのショートカットキーを紹介します。
ツールを持ち替える手間が省けるので、これだけでも覚えておくと便利です。

  • 選択ツール・・・V
  • 手のひらツール・・・H
  • ズームツール(拡大)の使用・・・Z
  • ズームツール(縮小)の使用・・・ズームツール(拡大)をアクティブにした状態でAltキー (Macの場合はズームツール(拡大)をアクティブにした状態でOptionキー)
  • 回転ツール・・・W
  • ロトブラシツール・・・Alt + W (Macの場合はOption + W)
  • エッジを調整ツール・・・Alt + W (Macの場合はOption + W)
  • アンカーポイントツール・・・Y

ウィンドウやパネル系のショートカットキー

ここでは、ウィンドウやパネルなどを開きたいときに便利なショートカットキーを紹介します。

  • プロジェクトパネル・・・Ctrl + 0 (Macの場合はCommand + 0)
  • レンダーキューパネル・・・Ctrl + Alt + 0 (Macの場合はCommand + Option + 0)
  • ツールパネル・・・Ctrl + 1 (Macの場合はCommand + 1)
  • 情報パネル・・・Ctrl + 2 (Macの場合はCommand + 2)
  • プレビューパネル・・・Ctrl + 3 (Macの場合はCommand + 3)
  • オーディオパネル・・・Ctrl + 4 (Macの場合はCommand + 4)
  • エフェクト&プリセットパネル・・・Ctrl + 5 (Macの場合はCommand + 5)
  • 文字パネル・・・Ctrl + 6 (Macの場合はCommand + 6)
  • 段落パネル・・・Ctrl + 7 (Macの場合はCommand + 7)
  • ペイントパネル・・・Ctrl + 8 (Macの場合はCommand + 8)
  • ブラシパネル・・・Ctrl + 9 (Macの場合はCommand + 9)

レイヤー系のショートカットキー

レイヤーをいじる時に使えるショートカットキーです。

  • 新規平面レイヤー・・・Ctrl + Y (Macの場合はCommand + Y)
  • 新規ヌルレイヤー・・・Ctrl + Alt + Shift + Y (Macの場合はCommand + Option + Shift + Y)
  • 新規調整レイヤー・・・Ctrl + Alt + Y (Macの場合はCommand + Option + Y)
  • 重なり順の次のレイヤーを選択・・・Ctrl + 下向き矢印 (Macの場合はCommand + 下向き矢印)
  • 重なり順の前のレイヤーを選択・・・Ctrl + 上向き矢印 (Macの場合はCommand + 上向き矢印)
  • すべてのレイヤーの選択を解除・・・Ctrl + Shift + A (Macの場合はCommand + Shift + A)
  • 選択した平面レイヤー、ライトレイヤー、カメラレイヤー、ヌルレイヤーまたは調整レイヤーの設定)
  • ダイアログボックスを開く・・・Ctrl + Shift + Y (Macの場合はCommand + Shift + Y)
  • 現在の時間にレイヤーをペースト・・・Ctrl + Alt + V (Macの場合はCommand + Option + V)
  • 選択したレイヤーの分割・・・Ctrl + Shift + D (Macの場合はCommand + Shift + D)
  • 選択したレイヤーのエフェクトコントロールパネルを開く・・・Ctrl + Shift + T (Macの場合はCommand + Shift + T)
  • 選択したレイヤーの時間の反転・・・Ctrl + Alt + R (Macの場合はCommand + Option + R)
  • 選択したレイヤーのタイムリマップの有効化・・・Ctrl + Alt + T (Macの場合はCommand + Option + T)
  • 選択したレイヤーのロック・・・Ctrl + L (Macの場合はCommand + L)
  • すべてのレイヤーのロック解除・・・Ctrl + Shift + L (Macの場合はCommand + Shift + L)

その他ファイル操作や編集する際のショートカットキー

最後にファイル操作や編集などのショートカットキーを紹介します。
他のソフトでも使われることのあるショートカットキーもありますので覚えておくと良いでしょう。

  • 新規プロジェクトの作成・・・Ctrl + Alt + N (Macの場合はOption + Command + N)
  • プロジェクトを開く・・・Ctrl + O (Macの場合はCommand + O)
  • プロジェクトを閉じる・・・Ctrl + Shift + W (Macの場合はCommand + Shift + W)
  • 閉じる・・・Ctrl + W (Macの場合はCommand + W)
  • 上書き保存・・・Ctrl + S (Macの場合はCommand + S)
  • 別名で保存・・・Ctrl + Shift + S (Macの場合はCommand + Shift + S)
  • 読み込み・・・Ctrl + I (Macの場合はCommand + I)
  • 取り消し・・・Ctrl + Z (Macの場合はCommand + Z)
  • やり直し・・・Ctrl + Shift + Z (Macの場合はCommand + Shift + Z)
  • カット・・・Ctrl + X (Macの場合はCommand + X)
  • コピー・・・Ctrl + C (Macの場合はCommand + C)
  • ペースト・・・Ctrl + V (Macの場合はCommand + V)
  • すべてを選択・・・Ctrl + A (Macの場合はCommand + A)
  • すべてを選択解除・・・Ctrl + Shift + A (Macの場合はCommand + Shift + A)
  • 検索・・・Ctrl + F (Macの場合はCommand + F)
  • 選択したレイヤーやマスク、エフェクト、テキストセレクター、アニメーター、パペットのメッシュ、シェイプ、レンダーアイテム、出力モジュール、コンポジションを複製する・・・Ctrl + D (Macの場合はCommand + D)
  • 終了・・・Ctrl + Q (Macの場合はCommand + Q)
  • すべてのメモリを消去・・・Ctrl + Alt + テンキーパッドの / (Macの場合はCommand + Option + テンキーパッドの /)

ショートカットキーのカスタマイズ方法

ここでは、ショートカットキーのカスタマイズ方法について紹介します。

ショートカットキーのカスタマイズする方法

ショートカットキーのカスタマイズ方法

まずは、画面上部のメニューから編集>キーボードショートカットを選択します。


ショートカットキーのカスタマイズ方法

画面下部の「コマンド」の部分からショートカットキーを変更したいツールをクリックします。
するとショートカットの内容を変更できるようになります。

設定できないキー

After Effectsには、ショートカットキーとして設定できないキーもあるので注意が必要です。
以下が設定できないキーです。

  • A
  • AA(A キーを 2 回押す)
  • E
  • EE(E キーを 2 回押す)
  • F
  • FF(F キーを 2 回押す)
  • L
  • LL(L キーを 2 回押す)
  • M
  • MM(M キーを 2 回押す)
  • P
  • PP(P キーを 2 回押す)
  • R
  • RR(R キーを 2 回押す)
  • S
  • SS(S キーを 2 回押す)
  • T
  • TT(T キーを 2 回押す)
  • U
  • UU(U キーを 2 回押す)

まとめ:ショートカットキーを覚えることで作業効率も上がる

After Effectsショートカットキーについて紹介しました。
ショートカットキーは非常に種類が多く、ソフトによって内容が異なる可能性もあります。
なので、無理にすべてを覚える必要はないかと思います。
まずは、自分がよく使うツールのショートカットキーを覚えていくのが良いでしょう。

また、この他にもAfter Effectsに限らず、Premiere ProやAfter EffectsなどAdobeソフトの使い方を紹介しています。
気になる方はぜひご覧ください。