Illustratorを使ってできることは?どんな仕事ができるの?

Illustratorは、ポスターやイラストを使う時に使われるソフトですが具体的にはどのような使い方があるのでしょうか。
今回の記事では、これからIllustratorを勉強する人に向けてIllustratorで作れるものや仕事について紹介します。
初心者に向けて簡単に紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Illustratorでできること5選

まずは、Illustratorでできることを5つ紹介します。

ロゴデザイン

Illustratorは、企業や商品に使われているロゴを作成することができます。
当サイト「0Begin」のロゴもIllustratorを使って作成されています。

アイコンの作成

Webサイトで使用されるアイコンなどもIllustratorで作成されることが多いです。
Illustratorは、ベクター画像という拡大・縮小を繰り返しても画質が悪化しない画像を作成できるため、ロゴやアイコンといった素材を作成するのに適しています。

フォントの加工

フォントの加工

Illustratorを使えば、フォントを加工することができます。
形を変えるだけでなく、グラデーションやテクスチャを使って様々な表現が可能です。

簡単なイラストの作成

Illustratorでは、簡単なイラストを作ることもできます。
ただ複雑なイラストを作成したいのなら、同じAdobeソフトであるPhotoshopの方が適しています。

ポスターやパッケージの作成

ポスター広告や商品のパッケージなど、印刷物のデザインをすることも可能です。
主にレイアウトや文字組みをするのに使われます。
画像素材の加工などは、Photoshopを使います。


Illustratorが使えるとできる仕事

Illustratorを使ってできることについて紹介しました。
では、Illustratorを使えるとどのような仕事に就けるのでしょうか。
このステップでは、Illustratorを使ってできる仕事について紹介します。

Webデザイナー

Webサイトを作成するWebデザイナーは、ロゴやアイコンを作成するためにIllustratorの知識が必要になります。
また、Illustrator以外にもPhotoshopやHTML&CSSの知識が必要です。
Illustratorと併せて勉強しておくとよいでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、グラフィック広告の制作や商品パッケージ、ポスターの制作をする仕事です。
レイアウトの作成や文字組み、印刷などの作業をIllustratorで行います。
また、Webデザイナーと同じくPhotoshopのスキルを併せて持っておくことをおすすめします。

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、雑誌や書籍など印刷物のデザインをする仕事です。
Illustratorだけでなく、PhotoshopやInDesignといったソフトの知識が必要になります。

ロゴデザインの仕事

クラウドソーシングで探せば、ロゴデザインのコンペや案件がたくさんあります。
初心者でも挑戦しやすいので、おすすめの仕事です。

YouTubeのサムネイル作成

YouTubeののサムネイルも、Illustratorを使って作成されることが多いです。
また、Premiere ProやAfter Effectsの知識があれば、動画編集も可能になるので仕事の幅が広がります。


まとめ:デザインや素材作成のためのソフト

Webや紙のデザインをしたいのなら、Illustratorはぜひ覚えておきたいソフトです。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。