After Effectsを使ってできることは?どんな仕事ができるの?

After Effectsは動画編集をするためのソフトですが、使いこなすと具体的にどのようなことができるのでしょうか。
今回の記事では、これからAfter Effectsを勉強しようと考えている人に向けてAfter Effectsでできることや仕事について紹介します。
初心者でも分かりやすいように簡単に紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

After Effectsでできること5選

まずは、After Effectsでできることを5つ紹介します。

映像加工(VFX)

After Effectsでは、動画を魅力的にするための加工ができます。
色味や明るさの調整だけでなく、SFやファンタジーなど映画のような世界観を表現することも可能です。

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスとは、テキストやイラスト、シェイプを動かすアニメーションのことです。
アニメや広告、YouTubeの編集など近年使用されるシーンが増えています。
After Effectsでは、このモーショングラフィックスを高いクオリティで作成することができます。

アニメーション作成

自分で作成したキャラクターを動かしてアニメーションを作成することもできます。
コマドリで素材を動かしたり、パーツに分解して動かすなど様々な方法があります。

スライドショーの作成

複数の画像を流すスライドショーもAfter Effectsで作成できます。
After Effectsはトランジション(場面の切り替え)の種類が豊富なので、様々なスライドショーを作ることができます。

映像を合成する

炎や電撃などのCGを実写の映像と合成することもできます。
細かい調整も可能なため、よりリアルな映像が作成できます。


After Effectsが使えるとできる仕事

After Effectsを使ってできることについて紹介しました。
では、After Effectsを使えるとどのような仕事に就けるのでしょうか。
このステップでは、After Effectsを使ってできる仕事について紹介します。

MVの制作

After Effectsが使えれば、アーティストのミュージックビデオの作成が可能です。
魅力的なものを作成するために、高い技術が必要になるためAfter Effectsを使えるのは大きな強みになります。

YouTubeの編集代行

今、フリーランス向けの案件として増えているのがYouTubeの編集代行です。
通常のカット編集などができれば十分という場合もありますが、After Effectsが使えればより高いクオリティのものを作れるようになるため、他の動画編集者との差別化を図ることもできます。

テレビ制作のスタッフ

After Effectsを使いこなすことができれば、テレビ制作のスタッフとして働くことも可能です。
通常の動画編集の仕事よりも、大きな案件に携われるのでその分技術は必要になりますが、やりがいも非常に大きいでしょう。


まとめ:クオリティの高い映像作品を作れる

After Effectsはクオリティの高い映像作品を作るために必要なソフトです。
動画編集者として活動したいなら、ぜひ使い方をマスターしましょう。