Premiere Proを使ってできることは?どんな仕事ができるの?

Premiere Proは動画編集をするためのソフトですが、使いこなすと具体的にどのようなことができるのでしょうか。
今回の記事では、これからPremiere Proを勉強しようと考えている人に向けてPremiere Proでできることや仕事について紹介します。
初心者でも分かりやすいように簡単に紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Premiere Proでできること5選

まずは、Premiere Proでできることを5つ紹介します。

カット編集

動画を切り貼りして編集することを、カット編集をいいます。
この動画編集の基本であるカット編集を、Premiere Proでは簡単に行うことができます。

テロップの挿入

動画の中に、テロップを挿入することもできます。
ただ文字を打ち込むだけでなく、文字の装飾も可能なので様々なバリエーションを作成できます。

YouTubeの動画制作

Premiere Proでは、YouTubeに投稿する動画を作成できます。
YouTubeに適した拡張子や字幕の挿入などの設定もできるが便利です。

DVDへの書き出し

Premiere Proでは、作成した動画をDVDに書き出すこともできます。
そのため、多くのドラマや映画作品でPremiere Proが使われます。

VR動画の編集

更に、Premiere ProではVR動画の編集も可能です。
YouTubeなどの動画投稿サイトでも、VR動画の需要は増えつつあるのでPremiere Proでの編集方法を覚えておくとよいでしょう。


Premiere Proが使えるとできる仕事

Premiere Proを使ってできることについて紹介しました。
では、Premiere Proを使えるとどのような仕事に就けるのでしょうか。
このステップでは、Premiere Proを使ってできる仕事について紹介します。

ウェディングムービーの制作

結婚式で流すウェディングムービーの制作は、フリーランスでも挑戦できる案件の一つです。
撮影の段階から自分で制作することが多いので、カメラの使い方や撮影技法についての知識を持っておくとよいでしょう。

YouTubeの編集代行

YouTubeの編集代行も、フリーランス向けの案件です。
難しい編集よりは、早く丁寧に動画を仕上げることが優先される場合もあります。
Premiere Proの使い方になれたら挑戦してみるとよいでしょう。

企業のCMやPR動画

企業のCMやPR動画もPremiere Proで作成することが多いです。
制作会社・フリーランスどちらでも携われる可能性があります。


まとめ:動画編集を始める第一歩

Premiere Proの使い方を覚えるのは、動画編集を始める第一歩となります。
ぜひ使い方を覚えて、様々な制作に挑戦してみてください。