Photoshopを使ってできることは?どんな仕事ができるの?

画像を加工したり合成ができるPhotoshopですが、使いこなせば具体的にどのようなことができるのでしょうか。
今回の記事では、Photoshopを使ってできることやどのような仕事に就けるのか紹介します。

Photoshopでできること5選

まずは、Photoshopを使ってできることを5つ紹介します。

写真のレタッチ

写真のレタッチ

Photoshopを使えば、画像のように写真を色鮮やかに編集できます。
WebサイトやSNS、ポスターで使う写真を綺麗に編集したいときに便利です。

人の顔を加工できる

人の顔の加工

また、Photoshopでは人の顔を加工できます。
小顔にしたり、目を大きくしたり、使いこなせば化粧をすることも可能です。

写真の一部を消す

写真の一部を消す

写真から必要のない部分を消すことができます。
しかも、初心者でも簡単にできるテクニックです。

コラ画像の作成

コラ画像の作成

ネットなどでよく見るいわゆるクソコラなども作ることができます。

レベルの高いグラフィックアート

グラフィックアート

ある程度練習が必要ですが、Photoshopを使いこなせばレベルの高いグラフィックアートを作ることもできます。


Photoshopが使えるとできる仕事

Photoshopを使ってできることについて紹介しました。
では、Photoshopを使えるとどのような仕事に就けるのでしょうか。
このステップでは、Photoshopを使ってできる仕事について紹介します。

Webデザイナー

Webサイトを作成するWebデザイナーは、Photoshopの知識が必要になります。
具体的には、バナー広告の作成やサイト内で使用する写真加工をする時にPhotoshopを使用します。
また、Photoshop以外にもIllustratorやHTML&CSSの知識が必要です。
Photoshopと併せて勉強しておくとよいでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、グラフィック広告の制作や商品パッケージ、ポスターの制作をする仕事です。
レタッチや合成などの作業をPhotoshopで行います。
また、レイアウトや印刷をする際にIllustratorを使うので併せて使い方を覚えておくとよいでしょう。

レタッチャー

レタッチャーは、カメラマンが撮影した写真を加工・補正する仕事です。
写真に関する幅広い知識や、Photoshopの高度な技術が必要になります。

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、雑誌や書籍など印刷物のデザインをする仕事です。
印刷物の中で使う写真の加工を、Photoshopで行います。
また、Photoshopの他にもIllustratorやInDesignといったソフトの知識が必要になります。

イラストレーター

また、Photoshopはイラストを作成することもできます。
イラストを描ける人は、PhotoshopやIllustrator、CLIP STUDIOというソフトを使ってイラストレーターになることも可能です。


まとめ:写真の加工が中心

Photoshopを使った作業は、主に写真加工が中心になります。
色味の調整や明るさ調整、合成の方法など基本的な知識から勉強するとよいでしょう。