Illustrator(イラストレーター)で保存できない原因と対処法

Illustratorで作成したデータを保存しようとした時に、エラーが出て保存できない場合があります。
今回の記事では、Illustratorでエラーが発生して保存できないときの対処法について解説します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説してますのでぜひチェックしてみてください。

「不明なエラーが発生しました」と出た場合

まずは、「不明なエラーが発生しました」と出た場合の対処法について解説します。
このエラーが出た時の原因は、以下のようなものが考えられます。

  • PCのメモリ不足
  • 長時間の作業
  • ファイルサイズが大きすぎる

解決方法としては以下のようなものが挙げられます。
また、「イラストレーションを保存できません」、「PDFファイル形式に問題があります」といったエラーが発生した場合も同じ方法で解決できる可能性があります。

  • ドキュメントから不要なデータを削除する(非表示のレイヤーや無くても問題ないオブジェクトなど)
  • スウォッチ、ブラシ、シンボルなどから不要なものを削除する
  • 画像の埋め込みを解除して保存する
  • レイヤーのロックを解除する
  • 画像の埋め込みを解除して保存する
  • 保存形式を変えてみる
  • 新規ファイルを作成してそこに全てコピー&ペーストして保存
  • 現在開いている他のドキュメントを閉じて再度保存してみる
  • Illustrator以外のアプリケーション・ソフトウェアを閉じて再度保存してみる
  • 別名保存時の「PDF相互ファイルを作成」、「圧縮を使用」といったオプションのチェックをはずす
  • 環境設定の仮想記憶ディスクに外付けハードディスクを設定する
  • Illustratorを再インストールする
  • パソコンを再起動する
  • パソコン内をクリーンアップする

「このページのサイズは範囲外です」と出た場合

ここでは、PDF形式で保存しようとした時に「このページのサイズは範囲外です」と出た場合の対処法を紹介します。

対処法は簡単で、アートボードを14400pt×14400pt(5080mm×5080mm・200インチ×200インチ)以下のサイズにすれば保存できます。
IllustratorでPDF形式のデータを作成する場合、14400pt×14400ptよりも大きいサイズは保存できないので注意してください。


ただ副業してもダメ!?
デザインだけに専念して収入も増やせる方法とは?

今回の記事を読んだ方は、デザイナーもしくはデザイナー見習いという人が多いのではありませんか。
今の会社や収入に不満のあり、デザインの副業をして収入を増やそうと考える人もいるでしょう。
しかし、実際に副業をしても

「クラウドソーシングで探しても倍率が高くコンペも落とされる…」
「案件を取るために自分で営業しても上手くいかない…」
「単発の案件ばかりで継続的に稼げない…」
「営業や事務作業などの無駄な時間が多い…」

という悩みを持ったことはありませんか。

副業やフリーランスの場合、営業や事務対応など全ての作業を自分で行なわないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「案件を紹介してくれたり、仕事中のサポートをしてくれる人」がいたら副業も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「レバテッククリエイター」を使用すれば、未経験者でもデザインだけに専念して収入UPが可能です。
レバテッククリエイター」はクリエイター向けの案件紹介サイトです。

特長的なのは自分に適した案件を紹介してくれるためデザインに専念できる点と、キャリアプランや仕事の進め方、果ては次回プロジェクトについての相談が可能な点です。

それら全てのサービスを無料で使用できます。
そのため、デザインに専念して収入を増やしたい人自分で営業したくない人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • 営業の手間を省いてデザイン作業だけで収入UPできる!
  • 無料のキャリア相談でより良い働き方を実現できる!
  • フリーランスでも継続して案件がもらえるので安心!

レバテッククリエイターは60秒で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、すぐに担当者がついてキャリアプランや案件について相談可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

60秒でレバテッククリエイターに無料登録

スマホの方はこちらからチェック!

まとめ:こまめに保存しておこう

どの対処法を試してもダメな場合は、一から作り直さなければなりません。
なるべくデータはこまめに保存しておくようにしましょう。

また、当サイトでは2020年からPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使い方やデザインに関する情報を多く公開しております。
Adobeソフトやデザインの知識・情報に興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。