見てはいけない?カリギュラ効果を広告やマーケティングで活用する例

心理効果の一種であるカリギュラ効果を上手く使用すれば、仕事で大きな利益を生み出すことも可能です。
今回の記事では、そんなカリギュラ効果の意味や活用方法について紹介します。
悪用厳禁ですので、悪いことに使わないという人だけチェックしてみてください。

カリギュラ効果とは

カリギュラ効果とは

まずは、カリギュラ効果の意味や由来、メカニズムについて紹介します。
簡単に解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

カリギュラ効果の意味や由来

カリギュラ効果とは、禁止されるほど興味・関心が湧き、禁止されたことを破りたくなる、もしくは実際に破ってしまう心理現象のことを指します。
「押すなよ!絶対押すなよ!!」って言われたら押したくなるあれですね。
昔話の「鶴の恩返し」や「浦島太郎」でもこのカリギュラ効果が使用されています。

このカリギュラ効果は、1980年に公開された古代ローマの暴君・カリギュラを題材にした映画、「カリギュラ」が由来となっています。
この映画は内容が過激すぎて、ほとんどの劇場で上映禁止になりましたが、「上映禁止になるなんて一体どんな映画なんだ⁉」と多くの興味関心を惹きつけ、わざわざ禁止されていない地域まで映画を観に行く人々が続出しました。
この出来事から、「禁止されたり邪魔されると、逆に興味関心が湧く」という心理をカリギュラ効果と呼ぶようになりました。

カリギュラ効果のメカニズム

ここでは、カリギュラ効果が起こるメカニズムを解説します。
なぜ、人は禁止や制限を設けられるとそれを破りたくなるのでしょうか?

理由はいたって簡単で、人間は自分の意思で物事を決め自由に行動したいという欲求を持っているからです。
そこに、何らかの禁止や制限を設けられると「自由に行動できない」というストレスを感じます。
そのストレスを解消するために、人は禁止や制限を破る行動を起こすといわれています。

カリギュラ効果とは

  • 禁止・制限されるほどやりたくなってしまう心理現象
  • 映画の「カリギュラ」が由来
  • 「押すなよ!絶対押すなよ!!」っていわれたら押したくなるあれ

広告やマーケティングでカリギュラ効果を使う方法

カリギュラ効果を使う方法

ここでは、広告やマーケティングでカリギュラ効果を使う方法について紹介します。

行動を禁止・制限するようなキャッチコピー

一番簡単なのは、購入や登録など行動を禁止・制限するようなキャッチコピーを作成することです。
具体的には下記のような例が挙げられます。

カリギュラ効果を使ったキャッチコピーの例

  • 太りたい人は絶対見ないで下さい
  • 本気でカッコよくなりたい人だけクリックしてください
  • 一人では絶対に見ないでください

ポイントとしては、簡単に破れる禁止・制限を設けることが挙げられます。
商品を購入する条件が厳しすぎると、そのまま購入されないケースが多いので注意してください。

購入する際に制限を設ける

購入に制限を設けるのも、カリギュラ効果を使ったセールス方法です。
また、購入して得られるオプションに条件を課すのも一つの手法です。

カリギュラ効果を使った例

  • お一人様3個まで
  • 1000円以上お買い上げの場合送料無料

前のステップで紹介した内容と同じく、簡単に破れる制限を設けることが重要です。


カリギュラ効果を使う際の注意点

カリギュラ効果を使う際の注意点

最後に、カリギュラ効果を使う際の注意点について紹介します。
カリギュラ効果は、上手く使わないと怪しさや不信感を募らせる原因にもなるので、注意して使ってください。

禁止・制限の理由を持たせる

カリギュラ効果をより効果的に使いたいのであれば、禁止や制限をする際に理由を持たせる必要があります。
禁止や制限に理由がなくても、カリギュラ効果を使用できますが「何故禁止するのか?」、「禁止を破るとどうなるのか?」といった不信感を消費者に持たれる可能性があります。
消費者の信頼を損なわないためにも、カリギュラ効果を活用する際は禁止・制限する理由を説明することをおすすめします。

ターゲットに不快感を与えていないか?

カリギュラ効果は、ターゲットとなる消費者にとっては不快感を募らせる原因にもなります。
また、多用しすぎることも不快感を与える原因になります。
カリギュラ効果を使用する際は、ターゲットに不快感を与えていないか慎重に吟味しましょう。


まとめ:多用・悪用は厳禁

カリギュラ効果の効果は大きいですが、活用する側が誠実さを持っていないと逆効果にもなります。
活用する際は十分に注意しましょう。

また、当サイトではPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の記事を多く投稿しております。
この他にも、デザインや映像制作に関する知識や情報が知りたい方はぜひチェックしてみてください。