【Illustrator】イラレでパターンを登録する方法や作り方を紹介します

Illustratorのパターンは、同じ柄や模様を連続して表示できる機能です。
パターンを使いこなせば、作業の効率化ができ表現の幅も広がるでしょう。
この記事では、Illustratorでパターンを作成する方法について紹介します。

パターンの作成手順

パターンの作成手順

まずは、パターンの作成手順を簡単に紹介します。
今回は上記の画像のようなパターンを作成します。

オブジェクトの作成

オブジェクトを作成

まずは、長方形ツールや楕円形ツールなどを使ってオブジェクトを作成します。
作成するオブジェクトはどんなものでも構いません。

スウォッチパネルの中へドラッグ

スウォッチパネルにドラッグアンドドロップ

次に作成したオブジェクトを選択ツールで選択したまま、スウォッチパネルにドラッグアンドドロップします。
すると、新たにパターンとして登録されます。

登録したパターンを選択してオブジェクトを作成

最後に作成したパターンを確認してみましょう。

パターンをクリック

スウォッチパネルで先ほど作成したパターンをクリックしてください。


オブジェクトを作成

すると、塗りの部分が画像のようになります。


パターンが作成

この状態のまま、長方形ツールに持ち替えてアートボード内にオブジェクトを作成してみましょう。
すると画像のようにパターンが作成されます。


作ったパターンを更に編集する

次に作成したパターンを更に編集する方法について紹介します。

パターンオプションを開く

まずは、パターンオプションを開きます。

ダブルクリック

スウォッチパネルを開き、編集したいパターンをダブルクリックしてください。


パターンを編集

パターンオプションのパネルが開きパターンを編集できるようになります。
この画面で、パターンを編集していきましょう。

パターンの大きさを調整

まずは、パターンの大きさを編集する方法について紹介します。

パターンのタイルサイズを調整

パターンオプションの「幅」と「高さ」の数値を変更することでパターンのタイルサイズを調整できます。


鎖のマークをクリック

縦横の比率を維持したまま大きさを調整したい場合は、画像のように「幅」と「高さ」の横にある鎖のマークをクリックした状態にしておきましょう。


選択ツール

また、パターンの中のオブジェクトの大きさを変更したい場合は、選択ツールを使って直接オブジェクトをいじれば変更できます。


タイルサイズをオブジェクトの大きさに合わせて調整

その後、パターンオプションの「オブジェクトにタイルサイズを合わせる」をクリックすれば、タイルサイズをオブジェクトの大きさに合わせて調整できます。

パターン同士の間隔を調整

ここでは、パターン同士の間隔を調整する方法について紹介します。
パターン同士の間隔を調整する方法は、2種類あるのでぜひ両方ともチェックしてください。

パターンタイルツールを使用する方法

パターンタイルツールをクリック

画像のパターンタイルツールをクリックします。
するとパターンタイルの大きさをいじれるようになります。
この方法は、選択ツールを使う感覚でパターンタイルを調整できますが、大きさを正確な数値で調整できません。
正確な数値で間隔を調整したい人は次に紹介する方法を試してみてください。

パターンオプションから調整する方法

オブジェクトにタイルサイズを合わせる

画像のように「オブジェクトにタイルサイズを合わせる」にチェックマークを入れておけば、横の間隔と縦の間隔を調整できるようになります。
また、この状態でパターンタイルツールをクリックすれば、選択ツールを使う感覚でパターンタイルを調整できかつ、正確な数値で調整できるのでおすすめです。

パターンの並び方を調整

パターンの並び方は5種類あり、「タイルの種類」の部分から変更できます。
具体的な並び方は以下の通りです。

グリッド

グリッド

デフォルトで表示される並び方です。
オブジェクトが縦横に同じ間隔で整列されます。

レンガ(横)

レンガ(横)

オブジェクトが、レンガのように横にずれて表示される並び方です。

レンガ(縦)

レンガ(縦)

レンガ(横)の縦バージョンです。
オブジェクトが、レンガのように縦にずれて表示されます。

六角形(縦)

六角形(縦)

パターンタイルの形が六角形(縦)になり、オブジェクトが画像のように表示されます。

六角形(横)

六角形(横)

パターンタイルの形が六角形(横)になり、オブジェクトが画像のように表示されます。

パターンの並び方(レンガ)の規則性を変更

パターンの並び方のレンガは規則性を変更させることが可能です。

レンガオフセット

レンガオフセットの部分から調整可能です。


例

例を挙げると、1/3の場合は画像のように同じ動きを3回繰り返して、もとの位置に戻り同じ流れを繰り返します。


応用編:パターンにグラデーションをかける

最後に応用編として、パターンにグラデーションをかける方法について紹介します。

パターンにグラデーションをかける

通常、パターンにグラデーションをかけようとすると左の画像のようにパターン一つ一つにグラデーションがかかってしまいますが、今回は右の画像のように全体にグラデーションがかかるようにします。

べた塗りの長方形を作成

べた塗りの長方形

まずは、長方形ツールを使ってべた塗りの長方形を作成します。
色はどんな色でもかまいません。

パターンの長方形を作成

パターンの長方形

次に先ほど作成した長方形と同じ大きさのパターンを使用した長方形を作成します。

マスクを作成

「マスク作成」をクリック

先ほど作成した2つの長方形を選択状態にして、透明パネルの中の「マスク作成」をクリックします。


マスクが作成

すると画像のようにマスクが作成されます。

グラデーションをかける

最後にグラデーションをかけていきます。

グラデーションをかける

先ほど作成したマスクを選択した状態で、塗りと線の下にあるグラデーションをクリックします。


パターンにグラデーションをかけることができた

これでパターンにグラデーションをかけることができました。
グラデーションの向きや色は、グラデーションツールやグラデーションパネルを使用しましょう。


まとめ:パターンを使いこなそう

パターンの使い方について紹介しました。
パターンはパッケージデザインやTシャツデザインなどで重宝します。
ぜひ使い方を覚えて制作に役立ててください。
以下が今回のまとめです。

  • パターンはスウォッチに登録して作成する
  • パターンは大きさや間隔、並び方など細かく設定できる
  • 使いこなせば、グラデーションをかけることも可能

また、この他にも当サイトではAfter EffectsやPhotoshopなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を多く投稿しております。
動画編集や画像加工に関する知識や情報に興味のある方はぜひご覧ください。