Illustrator(イラレ)|パスファインダーの使い方や種類

パスファインダーを使えば、複数のパスやオブジェクトを結合して新たなパスを作成することができます。
今回の記事では、Illustratorのパスファインダーの使い方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

パスファインダーの使い方

パスファインダーの使い方

パスファインダーを使えば、画像のように複数のパスを結合させることができます。
色は一番上のオブジェクトのものが反映されます。


選択状態

使い方は、まず複合パスを重ねて、選択ツールを使って選択状態にします。


パスファインダーを選択

画面上部のメニューからウィンドウ>パスファインダーを選択します。


合体を選択

パスファインダーが開くので、合体を選択しましょう。
これで、パスが結合されます。


パスファインダーの種類

パスファインダーには、下記の10種類があります。

  • 合体
  • 前面オブジェクトで型抜き
  • 交差
  • 中マド
  • 分割
  • 刈り込み
  • 合流
  • 切り抜き
  • アウトライン
  • 背面オブジェクトで型抜き

それぞれ結合のされ方が違うので下記で詳しく紹介します。

合体

合体

選択したオブジェクトをすべて合体させることができます。
塗りや線の属性は一番上のオブジェクトのものが反映されます。


雲やフキダシ

雲やフキダシを作るときに使用されます。


前面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜きは、下のオブジェクトが上のオブジェクトの形に切り抜かれます。


三日月

三日月を作るときなどに使用されます。


交差

交差

交差は、パスの重なった部分だけが残ります。
塗りや線の属性は一番上のオブジェクトのものがされます。


模様やパターン

新たな模様やパターンを作成するときによく使われます。


中マド

中マド

中マドは、パスの重なってない部分が残ります。
また、奇数個のパスが重なっている部分も残ります。


模様やパターン

交差と同じく新たな模様やパターンを作成するときによく使われます。


分割

分割

パスの重なっている部分がバラバラになります。


グラフのようなオブジェクト

グラフのようなオブジェクトを作成するときに使用されます。


刈り込み

刈り込み

パスの線と重なった部分が削除されます。


穴の開いたオブジェクト

画像のように穴の開いたオブジェクトを作成することができます。


合流

合流

同じ色のオブジェクトが合体して、違う色のオブジェクトの重なった部分は削除されます。
複雑なオブジェクトや色を使ったロゴを作成するときに使用されます。


切り抜き

切り抜き

最前面のオブジェクトで切り抜かれます。
色は下のオブジェクトのものが反映されます。


オブジェクトの形に切り抜き

下にパターンを配置してオブジェクトの形に切り抜きたいときに使用します。


アウトライン

アウトライン

オブジェクトがアウトライン化します。


アウトライン

境界線のパスだけが残り、塗りはオフになります。


背面オブジェクトで型抜き

背面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜きと逆で、上のオブジェクトが下のオブジェクトの形に切り抜かれます。
最前面のオブジェクトの重なってない部分のみが残ります。


まとめ:色々なオブジェクトを作成しよう

パスファインダーを使えば、色々なオブジェクトを作成することができます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。