Illustrator(イラレ)文字の間隔を調整したり変わった配置をする方法

Illustratorでは、工夫された文字の配置方法が可能です。
今回の記事では、文字の調整方法や配置方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

段落や文字間隔を調整する方法

まずは、文字の間隔や段落を調整する方法について紹介します。

文字パネル

入力した文字を選択した状態で、文字パネルを開きます。


トラッキングの値を設定

文字の間隔を調整したい場合は、トラッキングの値を設定しましょう。


行送りの値を設定

文字の段落の広さを設定したいときは、行送りの値を設定します。


特定の範囲に綺麗に文字を配置する

特定の範囲に綺麗に文字を配置したいときは、文字ツールと長方形ツールを使います。

長方形ツールで指定

まず、画像のように文字を配置したい場所を長方形ツールで指定します。


パスをクリック

そして、文字ツールで長方形のパスをクリックします。


文字が綺麗に配置

すると、文字が綺麗に配置されます。
文章を変更して微調整をすれば完了です。


パスに沿って文字を配置する

パスに沿って文字を配置したいときは、パス上文字ツールを使用します。

パスやオブジェクトを作成

まずは、ペンツールやシェイプツールで文字を配置したいパスやオブジェクトを作成します。
今回は、星を作成しました。
星のパス上に文字を配置していきます。


星のパスをクリック

ツールバーから、パス上文字ツールを選択して星のパスをクリックします。
すると文字が配置されます。
文章の内容やフォントの大きさ、色を変更すれば完了です。


パス上文字(縦)ツールをツールバーにドラッグ&ドロップ

縦書きにしたいときは、「ツールバーを編集」をクリックしてパス上文字(縦)ツールをツールバーにドラッグ&ドロップしましょう。


奥行きがあるように配置する

奥行きのある配置方法

最後に奥行きのある配置方法を紹介します。


水平にパスを作成

ペンツールを使って、水平にパスを作成します。


パスに角度

変形パネルを開いて回転の部分に数値を入力して、パスに角度を付けます。
ここで入力する数値は後で使用するのでメモしておいてください。


パス上に文字を入力

次に、パス上文字ツールを使ってパス上に文字を入力します。


文字回転の数値

そして、文字パネルを開いて文字回転の数値を変更します。
変形パネルで入力した値と足して360になるようにすると、画像のように綺麗に文字が縦になります。


最後に、奥の文字を小さくして段々大きくなるようにフォントサイズを一つずつ設定して、位置を画像に合わせれば完成です。


まとめ:色々なレイアウトを試してみよう

Illustratorでは、色々な文字の配置方法が可能です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。