After Effectsでシェイプを作成しよう

After Effectsでは、長方形や楕円、星などのシェイプを作成することができます。
今回の記事では、After Effectsでシェイプを作成する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

作成できるシェイプは5種類

5種類

After Effectsには下記の5つのシェイプツールがあります。

  • 長方形ツール
  • 角丸長方形ツール
  • 楕円形ツール
  • 多角形ツール
  • スターツール

シェイプを作成しよう

ここでは、シェイプを作成する流れを紹介します。
コンポジションを作成した状態で始めてください。
コンポジションの作成方法はこちら

【After Effects】コンポジションとは?初心者に向けて分かりやすく解説!

配置する方法

配置する方法

長方形ツールなどのシェイプを作成するツールを選択した状態で、プレビュー画面をドラッグします。
すると、画像のようにシェイプが作成されます。

色を変更する方法

色を変更する方法

色を変更するには、画面上部の「塗り」もしくは「線」をクリックします。


文字の部分

文字の部分をクリックすれば、画像のようにグラデーションや描画モードを設定できます。


長方形

長方形を選択すると、カラーピッカーが開き色を変更できます。

設定を追加する方法

シェイプには新たに設定を追加することも可能です。

ボタンをクリック

画面上部の追加の「▷」のボタンをクリックすると、様々な設定を確認できます。
試しに「角を丸くする」を追加してみましょう。


設定が追加

レイヤーを確認すると設定が追加されています。
数値を調整すれば、角が丸くなります。

アンカーポイントを中心にする方法

アンカーポイント

アンカーポイントはシェイプを動かす時の中心になる部分のことです。
選択ツールでシェイプを選択した時に表示されるターゲットのようなマークを指します。


アンカーポイント

例えば、アンカーポイントが画像のようになっているとします。


そして、回転させるとこのようになります。


アンカーポイントツールを選択

アンカーポイントを中心にするには、まず画面上部からアンカーポイントツールを選択します。


Ctrlキー(Commandキー)

そして、シェイプを選択してCtrlキー(Commandキー)を押したままアンカーポイントを動かしてみましょう。
自動で中心に移動します。

多角形ツールで辺の数を変更する方法

辺の数を変更

多角形ツールでオブジェクトを作成する際、五角形や六角形など辺の数を変更することができます。


矢印キーの上下どちらかを押す

方法は、多角形ツールでドラッグしている状態で、矢印キーの上下どちらかを押すだけです。
矢印キーの↑を押せば辺が増え、↓を押せば辺が減ります。


スターツール

スターツールでも同じことが可能です。


まとめ:シェイプをマスターしよう

シェイプツールは、モーショングラフィックスを作成するのに必要なツールです。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。