【After Effects】レイヤーの種類や作成方法

After Effectsには多くのレイヤーがあります。
今回の記事では、After Effectsでレイヤーを作成する方法やレイヤーの種類について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

レイヤーの作成方法

まずは、レイヤーを作成する方法について紹介します。

コンポジションを作成

コンポジションを作成して、タイムラインパネルで開きます。(プロジェクトパネル内のコンポジションをダブルクリックすれば、タイムラインパネルに表示されます。)


作成したいレイヤーをクリック

そしてタイムラインパネルを右クリックし新規の中から作成したいレイヤーをクリックします。


平面レイヤーが作成

例えば、平面を選択すると平面レイヤーが作成されます。

レイヤーの種類

ここでは、レイヤーの種類について紹介します。

テキストレイヤー

テキストレイヤー

テキストレイヤーは、文字を表示するレイヤーです。


文字ツールを選択

テキストレイヤーの文字を編集したいときは、画面上部から文字ツールを選択して文字をクリックします。

平面レイヤー

平面レイヤー

平面レイヤーは、動画の背景として使用されることが多いです。
設定画面で、大きさや色を設定できます。

ライトレイヤー

ライトレイヤー

ライトレイヤーは、3Dレイヤーに対してライト効果をつけることができます。
3Dレイヤー以外には、効果をつけられないので注意してください。

カメラレイヤー

カメラレイヤーは、カメラワークを表現することができるレイヤーです。
下記の記事で、詳しい使い方を解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

After Effects|カメラレイヤーの使い方や設定方法

シェイプレイヤー

シェイプレイヤー

シェイプレイヤーは、長方形や円などシェイプに関するレイヤーです。


シェイプツール

画面上部のシェイプツールを使って作成します。

調整レイヤー

調整レイヤー

調整レイヤーはエフェクトをつけるときに使用するレイヤーです。
調整レイヤーを選択して、エフェクトを追加すると下の全てのレイヤーにそのエフェクトが適用されます。

レイヤーに直接エフェクトを追加する場合との違いは下記の通りです。

  • 複数のレイヤーにまとめてエフェクトを追加できる
  • エフェクトの調整に失敗した時やり直しがしやすい

作業効率を上げるには?

いかがでしたでしょうか。
今回紹介したもの以外にも、After Effectsでは作業効率を上げる方法があります。
例えば、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Infographics

Infographics
グラフやパラメーターなど、70個のモーショングラフィックスがセットになったテンプレートです。
シンプルなのにクオリティが高く、様々な映像で使用できます。
SFっぽい映像などで合成して使いたい時などに非常に便利です。

Infographicsをチェック

Slideshow

Slideshow
その名の通りスライドショーのテンプレートです。
意外と作るのが面倒なスライドショーもこのテンプレートがあれば、簡単にオシャレなものが作成できます。
使い方もテンプレートに好きな写真を配置するだけなので簡単です。

Slideshowをチェック

Callout Pack

Callout Pack
50個のコールアウト(説明文を表示するレイアウト)がセットになったテンプレートです。
テキストと色を変えるだけで、すぐに使用できます。
注釈を入れたいときや登場人物の名前を表示させたい時などに便利です。

Callout Packをチェック

まとめ:レイヤーの種類と使い方を理解しよう

レイヤーの種類や使い方を理解しておけば、編集のときに慌てなくてすみます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。