After Effects|カメラレイヤーの使い方や設定方法

AdobeソフトのPremiere Proにはなくて、After Effectsにはあるものの一つにカメラレイヤーがあります。
カメラレイヤーを使えば、画面に遠近感を加えたり立体感のある動きを表現できます。
今回の記事では、カメラレイヤーの使い方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

カメラレイヤーとは

カメラレイヤーとは、3Dレイヤーに対して視点効果を付けることができる機能です。

分かりやすく例を挙げると、動画のように立体感のある表現が可能になります。


カメラレイヤーの使い方

このステップでは、カメラレイヤーの使い方を紹介します。

オブジェクトを用意した状態

画像のように、映像内のオブジェクトを用意した状態で始めてください。

新規ヌルレイヤーを作成

まずは、新規ヌルレイヤーを作成します。

ヌルオブジェクトを選択

レイヤーパネルの空いている場所を右クリックして、新規>ヌルオブジェクトを選択します。

ヌルレイヤーとは?

    ヌルレイヤーは複数のレイヤーに同じアニメーションをつけたいときなどに使う機能です。
    ヌルレイヤーと他のレイヤーをリンク付けし、ヌルレイヤーにアニメーションを設定すれば、リンク付けされた他のレイヤーにも同じアニメーションが適用されます。
    カメラレイヤーを使うのに、なぜヌルレイヤーが必要なのかは「カメラレイヤーをヌルレイヤーにリンク付け」のステップで説明します。

新規カメラレイヤーを作成

新規カメラレイヤーを追加します。

カメラを選択

レイヤーパネルの空いている場所を右クリックして、新規>カメラを選択します。


被写界深度を使用

カメラ設定のパネルが開きます。
種類を2ノードカメラにして、「被写界深度を使用」にチェックマークを入れて、OKをクリックしてください。

なぜ2ノードカメラに設定するのか
なぜ2ノードカメラに設定するのかというと、2ノードカメラのトランスフォームの項目には「目標点」があるからです。
目標点とは、カメラが照準を合わせている場所のことです。


1ノードカメラでトランスフォームの「位置」を調整すると動画のように普通に移動します。


しかし、2ノードカメラで同じようにトランスフォームの「位置」を調整すれば動画のように目標点(カメラが照準を合わせている場所)を変えることなく移動します。
分かりやすく説明すると、1ノードカメラはカメラマンがカメラを持ったまま走っていくイメージで、2ノードカメラはカメラマンが目標点の周りをグルグル回るイメージです。

後述でも詳しく説明しますが、1ノードカメラはヌルレイヤーで代替できて、2ノードカメラはそれができないので2ノードカメラに設定しておいてください。

全てのレイヤーを3D化

ヌルレイヤーとカメラレイヤーを追加したら、立体感のある表現をするために全てのレイヤーを3D化しましょう。

3Dレイヤーにチェック

3Dレイヤーにチェックマークを入れます。
(平面レイヤーは3D化してもしなくても大丈夫です)

カメラレイヤーをヌルレイヤーにリンク付け

カメラレイヤーをヌルレイヤーにリンク付けします。

ヌルレイヤーにドラッグ

カメラレイヤーのグルグルとしたアイコン(ピックウィップ)をヌルレイヤーにドラッグします。

なぜヌルレイヤーにリンク付けするのか
ヌルレイヤーにリンク付けする理由ですが、簡単に説明するとこれで1ノードカメラと2ノードカメラ両方の機能を使えるようになるからです。
ヌルレイヤーのトランスフォームの「位置」を調整すれば、1ノードカメラと同じ動きをしてくれます。
カメラレイヤーを使うときは、2ノードカメラに設定してヌルレイヤーにリンク付けすることをおすすめします。

キーフレームの追加や微調整

キーフレームを追加して、カメラを動かしてみましょう。

キーフレームを打ち込み

例えば、カメラの位置にキーフレームをイージーイーズに設定して打ち込みます。


そしてz軸のみ数値を調整すれば、動画のような動きを再現できます。

イージーイーズの調整方法は、下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

After Effects(アフターエフェクト)のイージーイーズ|使い方や種類、調整方法

カメラレイヤーのコツ

最後に、カメラレイヤーで遠近感をつける方法や特定のレイヤーにピントを合わせる方法について紹介します。

遠近感のつけ方

被写界深度をオン

カメラレイヤーのカメラオプション>被写界深度をオンにします。


絞り値の数値

次に、絞り値の数値を大きくしてみましょう。


オブジェクトの位置のZ軸の値

そして、オブジェクトの位置のZ軸の値を調整します。


こうすると、絞り値の数値を大きくするほど遠近感がつき、動画のように近いオブジェクトや遠いオブジェクトはぼやけます。

特定のレイヤーにピントを合わせる

遠近感をつけた時、特定のレイヤーがぼやけないようにピントを合わせることができます。

エクスプレッションを追加

カメラレイヤーのカメラオプション>フォーカス距離を選択した状態で、画面上部のメニューからアニメーション>エクスプレッションを追加を選択します。


エクスプレッションを記入

そして、下記のエクスプレッションを記入します。

エクスプレッション

focus = thisComp.layer("ピントを合わせたいレイヤーの名前");
V1 = focus.toWorld(focus.anchorPoint) - toWorld([0,0,0]);
V2 = toWorldVec([0,0,1]); 
dot(V1,V2);

レイヤーにピントを合わせる

今回は、「0Begin」というレイヤーにピントを合わせました。


動画のように、いくらカメラが移動しても0Beginのレイヤーにピントが合わさるようになります。


まとめ:カメラワークを表現できる

カメラレイヤーを使いこなせば、、疑似的にカメラワークを表現することができモーショングラフィックスの幅が広がります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。