After EffectsでPhotoshopのレイヤーやIllustratorのデータを読み込みする方法

After Effectsでは、画像や動画素材だけでなくPhotoshopやIllustratorのデータを読み込んで編集することができます。
今回の記事では、PhotoshopとIllustratorのデータを読み込む方法について紹介します。
初心者に向けて簡単に紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Photoshopのデータを読み込む方法

まずは、Photoshopのデータを読み込む方法について紹介します。

ファイル>読み込み>ファイル

画面上部のメニューからファイル>読み込み>ファイルを選択します。


コンポジション

Photoshopファイルを選択した状態で読み込みの種類を「コンポジション」に変更します。


OKボタンをクリック

OKボタンをクリックします。


読み込むことができた

これで、レイヤーに分けてPhotoshopファイルを読み込むことができました。

読み込みの種類はそれぞれ下記のような特徴があります。

  • フッテージ・・・ファイルを1枚の画像として読み込みます。レイヤーに分けて読み込むことはできません。
  • コンポジション・・・レイヤーに分けてファイルを読み込みます。また、レイヤーの透明部分がトリミングされます。
  • コンポジション – レイヤーサイズを維持・・・レイヤーに分けてファイルを読み込みます。また、レイヤーの透明部分を維持した状態で読み込みます。

Illustratorのデータを読み込む方法

Illustratorのデータを読み込む方法も基本は同じです。
しかし、レイヤーに分けた状態で読み込むには事前に準備が必要です。

分割

画像のように、一つのレイヤーに素材がまとまっていると分割して編集することができません。


素材を分割

新しいレイヤーを作成して素材を分割させておきましょう。


ファイル>読み込み>ファイル

後はPhotoshopファイルと同様にファイル>読み込み>ファイルから読み込みましょう。


まとめ:データを上手く活用しよう

モーショングラフィックスを作成するときなどは、特に今回紹介したデータの読み込み方法が重要になります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。