ホログラムの作り方!After Effectsで作れるエフェクト

After Effectsを使いこなせば、まるでプロが作るような映像を初心者でも作成できるようになります。

今回の記事では、動画のようなホログラムエフェクトの作り方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

下記のステップで作成していきます。

STEP.1
素材の準備
STEP.2
ホログラム素材を配置
STEP.3
ホログラムにエフェクトを追加
STEP.4
光エフェクトを追加
STEP.5
アニメーションの作成

Step1素材の準備

まずは、素材を準備します。

動画と背景を用意

ホログラムにする動画と背景を用意しましょう。


Step2ホログラム素材を配置

ホログラムにする素材を配置

ホログラムにする素材を配置します。
3Dレイヤーの中にチェックを入れて、回転を調整して背景に合成しましょう。


Step3ホログラムにエフェクトを追加

素材にホログラムっぽいエフェクトを追加していきます。

トライトーンを選択

画面上部のメニューからエフェクト>カラー補正>トライトーンを選択します。


「元の画像とブレンド」を50%

ミッドトーンを水色っぽくして、「元の画像とブレンド」を50%にします。

次にノイズのエフェクトを追加していきます。


ノイズとタービュレントディスプレイスを追加

エフェクトのノイズとタービュレントディスプレイスを追加します。
タービュレントディスプレイスを下記の値に調整します。

  • 変形・・・水平方向
  • 量・・・500
  • サイズ・・・5

そして、ノイズ量とタービュレントディスプレイスにエクスプレッションを追加します。
ノイズ量には「random(100)」、タービュレントディスプレイスには「time*1000」と入力しましょう。


不透明度を80%

最後に不透明度を80%にして完了です。


Step4光エフェクトを追加

ここでは、フラクタルノイズを使って光のエフェクトを作成していきます。

フラクタルノイズを選択

新規平面レイヤーを作成して、エフェクト>ノイズ&グレイン>フラクタルノイズを選択します。


フラクタルノイズの下記の項目を調整

フラクタルノイズの下記の項目を調整しましょう。

  • コントラスト・・・50
  • 明るさ・・・-50
  • スケールの高さ・・・600
  • 展開・・・エクスプレッションを追加して「time*500」と入力
  • レイヤーモード・・・加算に変更

極座標を選択

次に平面レイヤーを選択した状態で、エフェクト>ディストーション>極座標を選択します。


補完を100%

補完を100%にします。
(見えづらいので一度レイヤーモードを戻しています。)


光の形のシェイプを作成

ペンツールを使って光の形のシェイプを作成します。


アルファマットに変更

平面レイヤーのトラックマットをアルファマットに変更します。


ブラー(ガウス)を追加

最後に、平面レイヤーにエフェクトのブラー(ガウス)を追加して少しだけぼかします。


Step5アニメーションの作成

最後にアニメーションを追加しましょう。

「位置」と「スケール」にアニメーションを追加

ホログラムレイヤーの「位置」と「スケール」にアニメーションを追加します。
下からシュッと浮き出てくるような動きにしましょう。
今回は、画像のように数値を変更しました。
また、モーションブラーの項目にチェックを入れておくと動きに勢いが出ておすすめです。


アニメーションを追加

光のエフェクトにも同じくアニメーションを追加しましょう。
スケールにのみ追加します。


これで、完成です。
お疲れ様でした。


オシャレなエフェクトを追加するには?

いかがでしたでしょうか。
今回紹介したもの以外にも、After Effectsではかっこいいエフェクトを追加する方法があります。
例えば、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Cinematic Glitch Logo

Cinematic Glitch Logo
テレビやゲームの色ずれのような表現(グリッチノイズ)を再現できるテンプレートです。
テンプレートをテキストに適用するだけなので、初心者でも簡単に使用できます。
ゲーム実況をしている人や、SFっぽい映像を作成したい人におすすめです。

Cinematic Glitch Logoをチェック

Modern Slideshow

Modern Slideshow
オシャレなスライドショーのテンプレートです。
画像がノイズのような揺れ方をして切り替わります。
ミュージックビデオやプロモーション動画などを作成するときにおすすめです。

Modern Slideshowをチェック

Cinematic Slideshow - Opener

Cinematic Slideshow - Opener
まるで映画のようにダイナミックな編集ができるテンプレートです。
完成度が高く、見た人の印象に残るスライドショーです。
チュートリアル動画もついてくるので、すぐに使い方を覚えられるでしょう。

Cinematic Slideshow - Openerをチェック

まとめ:プロのクリエイターへの第一歩

今回紹介したテクニックは、私がブログで紹介する中でもかなり難しい部類のものですが、これを作れる様になれば、プロを目指すこともそう難しくはないでしょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。