After Effects(アフターエフェクト)トラッキングの使い方や合成の方法

After Effectsの機能の一つであるトラッキングは、合成や物体にテキストを追従させることができます。
映像制作をするなら覚えておきたい機能です。
今回の記事では、トラッキングの使い方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

トラッキングの方法

早速トラッキングの方法について紹介します。
上記のような動画を作成していきます。

動画と文字を用意

動画と文字を用意

コンポジションを作成して、動画を読み込みます。
そして、好きな文字を入力しましょう。

モーションをトラック

モーションをトラック

動画のレイヤーを選択した状態で、画面上部のメニューからアニメーション>モーションをトラックを選択します。


トラックポイントが設定

トラックポイントが設定されます。
トラックポイントは下記の3つで構成されています。

  • 検索領域・・・外側の枠
  • ターゲット領域・・・内側の枠
  • アタッチポイント・・・中心点

トラックポイントを調整

トラックポイントを調整していきましょう。
検索領域(外側の枠)を、トラッキングしたい領域を囲みましょう。
検索領域を小さくすれば、読み込みの時間は短くなりますが、トラックする文字が検索領域から外れてしまうこともあるので注意しましょう。
ターゲット領域(内側の枠)は、トラッキングしたい領域が明るさや角度が変化しても、明確に識別できる部分を囲みましょう。
アタッチポイント(中心点)は、トラッキングする文字のアンカーポイントの位置になります。

ターゲットを設定

ターゲットを設定

トラックポイントを調整したら、トラッカーパネルを開いて「ターゲットを設定」をクリックします。


OKボタンをクリック

ターゲットにするレイヤーを選択して、OKボタンをクリックしましょう。


自動でトラッキング

そして、▷ボタンを押して自動でトラッキングさせていきます。
これで、トラッキングは完了です。
しかし、このままだとグチャグチャな部分もあるので微調整を加えていきます。

トラッキングの微調整

トラックポイントを正常な位置に移動

トラッカーパネルの「|▷」をクリックすると1フレームごとに、どうトラッキングされているのか確認できます。
トラッキングがずれている部分があれば、選択ツールを使ってトラックポイントを正常な位置に移動させましょう。


「ターゲット領域の中心」の数値を変更

トラッキングする物体が画面外に消える場合は、レイヤーパネルを開いて数値を直接いじりトラックパネルを移動させます。
タイムラインインジケーターを移動させて、「ターゲット領域の中心」の数値を変更しましょう。
これで、画面の外側にトラックパネルを移動できます。


トラッカーパネルの適用ボタンをクリック

全て調整したら、トラッカーパネルの適用ボタンをクリックしましょう。


トラッキングを使った合成のやり方

トラッキング機能を使えば、動画の一部に画像を合成することができます。
ここでは、動画に合成する方法を紹介します。

動画と画像を用意

動画と画像を用意

まずは、動画と画像を用意します。
コンポジション内に動画を配置しましょう。

3Dカメラトラックを選択

3Dカメラトラックを選択

動画のレイヤーを選択した状態で、画面上部のメニューからアニメーション>3Dカメラトラックを選択します。


画面が解析

画面が解析されるのでしばらく待ちましょう。


アタッチポイントが表示

解析が完了するとたくさんのアタッチポイントが表示されます。
コンポジションと動画の大きさを一緒にしないと、上手く解析できないので注意しましょう。

アタッチポイントの選択

アタッチポイントを選択

どこに画像を合成するのか、アタッチポイントを選択します。
カーソルを合わせると、画像のように的が表示されます。


「平面とカメラを作成」をクリック

そして、右クリックして「平面とカメラを作成」をクリックしましょう。


平面レイヤーが作成

平面レイヤーが作成されます。

画像の合成

画像を合成していきましょう。

画像を平面レイヤーにドラッグ&ドロップ

先ほど作成した平面レイヤーを選択状態にします。
そして、altキー(Macの場合はoptionキー)を押したまま、プロジェクトパネルから画像を平面レイヤーにドラッグ&ドロップしましょう。


大きさや位置を調整

画像が合成されます。大きさや位置を調整すれば完成です。
今回画像を適当に作ったので仕上がりが変になっていますが、実際に作成する時は合成する場所と画像の縦横比を合わせるようにするとよいでしょう。


オシャレなエフェクトを追加するには?

いかがでしたでしょうか。
今回紹介したもの以外にも、After Effectsではかっこいいエフェクトを追加する方法があります。
例えば、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Cinematic Glitch Logo

Cinematic Glitch Logo
テレビやゲームの色ずれのような表現(グリッチノイズ)を再現できるテンプレートです。
テンプレートをテキストに適用するだけなので、初心者でも簡単に使用できます。
ゲーム実況をしている人や、SFっぽい映像を作成したい人におすすめです。

Cinematic Glitch Logoをチェック

Modern Slideshow

Modern Slideshow
オシャレなスライドショーのテンプレートです。
画像がノイズのような揺れ方をして切り替わります。
ミュージックビデオやプロモーション動画などを作成するときにおすすめです。

Modern Slideshowをチェック

Cinematic Slideshow - Opener

Cinematic Slideshow - Opener
まるで映画のようにダイナミックな編集ができるテンプレートです。
完成度が高く、見た人の印象に残るスライドショーです。
チュートリアル動画もついてくるので、すぐに使い方を覚えられるでしょう。

Cinematic Slideshow - Openerをチェック

まとめ:根気と丁寧さが必要

トラッキングは、根気強く丁寧に作成するほど仕上がりが良くなります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。