Premiere Pro(プレミアプロ)で映像のノイズ除去をする方法

Premiere Proでは、映像のノイズを除去することができます。
今回の記事では、Premiere Proを使ってノイズ除去をする方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

ブラー(ガウス)を使う

まずは、ブラー(ガウス)を使う方法について紹介します。

ブラー(ガウス)

エフェクトパネルを開いて、ビデオエフェクト>ブラー&シャープ>ブラー(ガウス)を開き、ノイズ除去したいクリップにドラッグ&ドロップします。


エフェクトコントロールパネル

エフェクトコントロールパネルにブラー(ガウス)の項目が追加されます。
ブラーの数値を調整すると、ノイズが除去されます。
数値を大きくし過ぎると、ぼやけてしまうので注意してください。


ミディアン(レガシー)を使う

ここでは、ミディアン(レガシー)を使ってノイズ除去をする方法について紹介します。

ミディアン(レガシー)

エフェクトパネルを開いて、ビデオエフェクト>旧バージョン>ミディアン(レガシー)を開き、ノイズ除去したいクリップにドラッグ&ドロップします。


エフェクトコントロールパネル

エフェクトコントロールパネルにミディアン(レガシー)の項目が追加されます。
半径の数値を調整すると、ノイズが除去されます。
ブラー(ガウス)の時と同様に、数値を大きくし過ぎるとぼやけてしまうので注意してください。


まとめ:丁寧にノイズ除去したい時はAfter Effectsを使おう

After Effectsを使えば、より丁寧にノイズ除去をすることができます。
下記の記事で、After Effectsを使ったノイズ除去の方法を詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

After Effects(アフターエフェクト)で映像のノイズ除去をする2つの方法

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。