After Effects(アフターエフェクト)で映像のノイズ除去をする2つの方法

After Effectsで動画編集をしている時に、ノイズが入っていて邪魔だと感じたことはありませんか。
今回の記事では、After Effectsで映像に入ったノイズを除去する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

グレイン(除去)を使う

まずは、グレイン(除去)を使う方法について紹介します。

エフェクト&プリセットパネル

エフェクト&プリセットパネルの検索窓にグレイン(除去)と入力すると、検索結果に表示されます。
(エフェクト&プリセットパネルが見つからない場合は、画面上部のメニューのウィンドウから探しましょう)


ドラッグ&ドロップ

次に、ノイズ除去をしたいレイヤーにグレイン(除去)をドラッグ&ドロップします。
これで、ノイズ除去をする準備が整いました。


エフェクトコントロールパネル

エフェクトコントロールパネルを開いて、数値を調整していきましょう。
ノイズリダクション設定の中の、ノイズリダクションとパスの数値を大きくすれば、ノイズが除去されます。


アンシャープマスク

もし、画像がボケ過ぎてしまったらアンシャープマスクを開いて、量、半径、しきい値の数値を設定しましょう。
すると画像の輪郭がクッキリします。

グレイン(除去)の特徴は以下の通りです。

  • 画像をぼかすようにノイズ除去ができる
  • アンシャープマスクなど細かい設定も可能
  • かなり強めにぼかしてノイズ除去が可能

アップスケールを使う

2つ目は、アップスケールを使った方法です。

エフェクト&プリセットパネル

エフェクト&プリセットパネルの検索窓にアップスケールと入力すると、検索結果に表示されます。
次に、ノイズ除去をしたいレイヤーにアップスケールをドラッグ&ドロップします。
これで、ノイズ除去をする準備が整いました。


エフェクトコントロールパネル

エフェクトコントロールパネルを開いて、数値を調整していきましょう。
ノイズを軽減の値を大きくすれば、ノイズが除去されます。
これでアップスケールを使ったノイズ除去の方法は、完了です。

アップスケールの特徴は以下の通りです。

  • グレイン(除去)よりもノイズ除去の強さは弱め
  • 操作が簡単
  • 本来は、拡大した画像を綺麗に補完するためのエフェクト

まとめ:いろいろなエフェクトを使ってみよう

ノイズ除去の他にも、After Effectsには非常に多くの便利なエフェクトがあります。
ぜひ他のエフェクトも使ってみてください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。