Premiere Pro(プレミアプロ)基本的な画面構成とパネルの説明

Premiere Proでは、動画を編集するために様々なパネルがあります。
今回は、Premiere Proの基本的な画面構成とパネルの種類を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

パネルの基本的な構成

パネルの基本的な構成

まずは、各パネルの紹介を行っていきます。
今回は、ワークスペースの中でもよく使われる「編集」の画面構成を紹介していきます。

ソースモニターパネル関連

ソースモニターパネル

素材をプレビューできるソースモニターパネルや、エフェクトを管理できるエフェクトコントロールパネルなど、素材に関するパネルがドッキングされています。

プログラムモニターパネル

プログラムモニターパネル

編集中の映像をプレビューできるパネルです。
画質の調整や、静止画の書き出しが可能です。

プロジェクトパネル関連

プロジェクトパネル関連

プロジェクトで使用する素材をまとめたプロジェクトパネルや、使用可能なエフェクトがまとめられているエフェクトパネルなどがドッキングされています。

ツールパネル

ツールパネル

Premiere Proで使えるツールがまとめられています。

タイムラインパネル

タイムラインパネル

ビデオトラックやオーディオトラックを配置して、映像を作成するパネルです。
Premiere Proは、主にこのタイムラインパネルを使って編集を行っていきます。

オーディオメーターパネル

オーディオメーターパネル

再生中の音声のレベルを表示します。
現在の音量が、大きすぎないか確認したいときに便利です。

エッセンシャルグラフィックスパネル関連

エッセンシャルグラフィックスパネル

モーションやテキストを編集できるエッセンシャルグラフィックスパネルや、音声の編集ができるエッセンシャルサウンドパネルがドッキングされています。


パネルの追加方法

ここでは、パネルを新たに追加する方法について紹介します。

ウィンドウ

画面上部のメニューからウィンドウを選択して、追加したいパネルをクリックしましょう。

また、パネルをドッキングする方法や組み替える方法は、下記の記事で紹介しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

Premiere Pro(プレミアプロ)|パネルをドッキングさせる方法

ワークスペースの切り替え方法

ワークスペースは自由に切り替えることが可能です。

ワークスペース

画面上部の赤枠で使用したいものをクリックすれば、切り替えが可能です。
「カラーの編集をしたい」、「エフェクトを丁寧に調整したい」など、目的によって使いやすいワークスペースを使用しましょう。


まとめ:自分が使いやすいようにカスタマイズしてみよう

ワークスペースが自分が使いやすいようにカスタマイズするのがおすすめです。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。