Premiere Pro(プレミアプロ)トランジションのディゾルブとは?種類や使い方

映像でよく使われるトランジションとして、ディゾルブが挙げられます。
今回の記事では、Premiere Proで使えるディゾルブについて紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

ディゾルブとは

ディゾルブとは映像が段々消えて、違う映像が現れるトランジション(切り替え手法)のことです。

ビデオトランジション>ディゾルブ

エフェクトパネルのビデオトランジション>ディゾルブから選択できます。


ディゾルブの使い方

クリップにドラッグ&ドロップ

ディゾルブの使い方は簡単です。
エフェクトパネルからクリップにドラッグ&ドロップします。


エフェクトコントロールパネル

ドラッグ&ドロップしたディゾルブをクリックして選択状態にすると、エフェクトコントロールパネルで編集できます。
デュレーションを調整すれば、切り替わる時の時間の長さを調整できます。


ディゾルブの種類

ここでは、Premiere Proで使えるディゾルブの種類を紹介します。

クロスディゾルブ

前の映像の不透明度を100%から0%に下げて、次の映像を0%から100%に上げます。
クロスフェードともいいます。

ディゾルブ

通常のディゾルブです。
不透明度ではなく、カラー情報を切り替えます。
切り替わる時に白く明るくなります。

フィルムディゾルブ

クロスディゾルブとよく似ているディゾルブです。
映像を、よりリアルに違和感のないよう切り替えます。

ホワイトアウト

画面が白くなり、次の映像に切り替わるディゾルブです。

モーフカット

モーフカットは、インタビューなど人の映像で使います。
「えー」や「あー」といっている部分をカットした時、顔にカットずれが生じてしまいますが、モーフカットを使えばつなぎ目を自然にできます。

型抜き

他のディゾルブと違ってパッと切り替わります。
型抜きのように映像が切り抜かれます。

暗転

画面が暗くなり、次の映像に切り替わるディゾルブです。


かっこいいトランジションが作れるテンプレート

トランジションのディゾルブについて紹介しました。
今回の記事を見て、「もっと手の込んだかっこいいトランジションが作りたい」と思った方にはテンプレートの使用をおすすめします。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいトランジションのテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Transition Pack

Transition Pack

120個ものトランジションがセットになった超豪華なテンプレートです。
一つ一つのトランジションがオシャレでバリエーションも豊富なので、映像のクオリティを上げるのに役立ちます。
リンク先に紹介動画もあるので、是非チェックしてみてください。

Transition Packをチェック

Fast Brush Opener Slideshows

Fast Brush Opener Slideshows

ブラシで塗るように画像が切り替わるトランジションです。
CMやミュージックビデオ、ウェディングムービーなど、様々な映像によく合います。
使い方も簡単なので、編集の手間を大きく省けます。

Fast Brush Opener Slideshowsをチェック

Cyberpunk Glitch Transition V3

Cyberpunk Glitch Transition V3

画像がゲームやテレビでよく見る色ずれ(グリッチエフェクト)を起こしながら入れ替わるテンプレートです。
サイバーチックなアニメーションを表現でき、ゲーム実況や近未来間のある映像を作成したい人におすすめです。

Cyberpunk Glitch Transition V3をチェック


まとめ:覚えれば地味に便利

ディゾルブは、映像の主役になるエフェクトではありませんが使いこなせば地味に便利です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。