Premiere Pro(プレミアプロ)背景を白や黒など好きな色に設定する

Premiere Proで作業している時に背景の色を設定したいと考えたことはありませんか。
今回の記事では、Premiere Proで背景の色を設定する方法を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

カラーマットを作成するだけ!

背景を設定するのは簡単で、カラーマットを作成するだけです。

カラーマット

画面上部のメニューからファイル>新規>カラーマットを選択します。


OKボタンをクリック

サイズを決めたらOKボタンをクリックしましょう。


OKボタンをクリック

カラーピッカーが表示されるので、好きな色を設定してOKボタンをクリックします。


OKボタンをクリック

名前を付けてOKボタンをクリックします。


タイムラインパネルに配置

プロジェクトパネルに作成したカラーマットが追加されるので、タイムラインパネルに配置します。
これで、完了です。
他のクリップの下に配置するようにしましょう。


カラーマットをダブルクリック

色を変更したい場合は、タイムラインパネルに配置したカラーマットをダブルクリックしましょう。
カラーピッカーが表示されて、色を変更できます。


かっこいいエフェクトを追加する方法

背景を好きな色に設定する方法について紹介しました。
Premiere Proではテンプレートを使うことで、かっこいいエフェクトを簡単に追加することができます。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいエフェクトのテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Creative Slideshow

Creative Slideshow

波のような形をした、カラフルなスライドショーが作れるテンプレートです。
チュートリアル動画もついてくるので、使い方もすぐにマスターできるでしょう。
エンドロールに使用するだけでなく、トランジション(場面切り替え)やVlogなど様々な映像に追加できるのでおすすめです。

Creative Slideshowをチェック

The Inspiration – Photo Slideshow

The Inspiration - Photo Slideshow

ブラシで塗られるように画像が表示されるアニメーションです。
他とはひと味違うエンドロールを作成することができます。
自分で編集する手間も省けるので一石二鳥のテンプレートです。
人目を引く映像を簡単に作成したい人は是非チェックしてみてください。

The Inspiration – Photo Slideshowをチェック

Ink-Smoke Transitions for Premiere Pro

Ink-Smoke Transitions for Premiere Pro

インクを水の中に落としたようなエフェクトで、映像が切り替わります。
画像を配置するだけで簡単に使用できるので、初心者にも安心です。

Ink-Smoke Transitions for Premiere Proをチェック


まとめ:簡単に設定可能

背景色の設定は簡単にできます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。