【Premiere Pro】音が出ない、イヤホンで聞きたい時の対処法

Premiere Proで編集しているときに、うまく音が出なくなったことはありませんか。
Premiere Proから音が出なくなった時は、予想できる原因を一つ一つ確認することで解決できます。
この記事では、Premiere Proから音が出ないときに確認するべきことや、イヤホンで音を聞くときの設定方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に使い方を紹介しておりますのでぜひ試してみてください。

音が出ない時にまず確認すること

Premiere Proから音が出なくなったときに確認するべきことについて紹介します。
パソコンや動画素材に問題があるのか、Premiere Pro内の設定がおかしいのかを見極めていきましょう。

パソコンの音量設定を確認する

まずは、パソコンの音量設定を確認しましょう。
パソコン本体のスピーカーがミュートになっている場合、音が出ないので注意してください。

動画素材に音声が入っているのか確認する

動画素材に、そもそも音声が入っているのか確認しましょう。
動画に音声が入っていないと、Premiere Proで編集してもどうにもなりません。
音声ファイルが存在するかどうか、必ず編集する前にチェックしましょう。

音が出ないクリップを特定する

どのクリップから音が出ないのかを特定します。
作成した動画を再生して、どのクリップの音が出ていないのか確認しましょう。
音が出ていないクリップを特定できたら、次になぜ音が出ないのか原因を調べていきます。

オーディオトラックがミュートになってないか確認

オーディオトラックがミュートになっていないか確認します。
ミュートになっていないか確認

画像のように「M」の文字が緑色になっている場合、オーディオトラックはミュートになっているのでクリックして有効にしてください。

オーディオトラックミキサーを開いて確認

オーディオトラックミキサーを開くことで、ミュートになっているトラックや音量が小さくなっているトラックを確認することができる機能です。

オーディオトラックミキサーを選択

まずは、オーディオトラックミキサーの使用の仕方を紹介します。
画面上部のメニューからウィンドウ>オーディオトラックミキサーを選択します。


オーディオトラックミキサー

これでオーディオトラックミキサーが表示されました。
下部分のA1、A2の部分がオーディオのトラックです。
マスターは全体の音量です。

次にどのトラックがミュートになっているか確認しましょう。

ボリュームが反応している例

動画を再生すると、音がしっかり出ている場合は画像のようにボリュームの部分が反応します。


音が出ないか確認

ボリュームが反応していなかったり、振れ幅が極端に小さい場合はボリュームを上げ下げして音が出ないか確認しましょう。

一旦Premiere Proを再起動してみる

もし、どのやり方でも音が出ない場合はPremiere Proを再起動してみましょう。
長時間Premiere Proを使って編集している場合、まれに音が出なくなるなどのエラーが出なくなることもあります。
再起動する際は、必ず編集中のプロジェクトファイルを保存してから行いましょう。

イヤホンで音を確認したいときの設定方法

イヤホンで音を確認したいのに、パソコンのスピーカーから音が流れてしまうことはありませんか。
イヤホンで音を確認するためには、設定を変更する必要があります。
ここでは、イヤホンで音を確認するための設定方法を紹介します。

オーディオハードウェアをクリック

まず、画面上部のメニューから編集>環境設定からオーディオハードウェアをクリックします。


「デフォルト出力」の部分をクリック

環境設定ファイルが開きます。
音の設定をするために、「デフォルト出力」の部分をクリックします。


ヘッドフォンをクリック

パソコンにイヤホンを指している場合、画像のようにヘッドフォンと出てくるのでそちらをクリックします。
OKをクリックするとイヤホンから音を聞けるようになります。


ただ副業してもダメ!?
動画編集だけに専念して収入も増やせる方法とは?

今回の記事を読んだ方は、動画編集者もしくは動画編集者見習いという人が多いのではありませんか。
今の会社や収入に不満があり、動画編集の副業をして収入を増やそうと考える人もいるでしょう。
しかし、実際に副業をしても

「クラウドソーシングで探しても倍率が高く採用されない…」
「案件を取るために自分で営業しても上手くいかない…」
「単発の案件ばかりで継続的に稼げない…」
「営業や事務作業などの無駄な時間が多い…」

という悩みを持ったことはありませんか。

副業やフリーランスの場合、営業や事務対応など全ての作業を自分で行なわないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「案件を紹介してくれたり、仕事中のサポートをしてくれる人」がいたら副業も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「レバテッククリエイター」を使用すれば、未経験者でも動画編集だけに専念して収入UPが可能です。
レバテッククリエイター」はクリエイター向けの案件紹介サイトです。

特長的なのは自分に適した案件を紹介してくれるため動画編集に専念できる点と、キャリアプランや仕事の進め方、果ては次回プロジェクトについての相談が可能な点です。

それら全てのサービスを無料で使用できます。
そのため、動画編集に専念して収入を増やしたい人自分で営業したくない人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • 営業の手間を省いて動画編集の作業だけで収入UPできる!
  • 無料のキャリア相談でより良い働き方を実現できる!
  • フリーランスでも継続して案件がもらえるので安心!

レバテッククリエイターは60秒で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、すぐに担当者がついてキャリアプランや案件について相談可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

60秒でレバテッククリエイターに無料登録

スマホの方はこちらからチェック!

レバテッククリエイターについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

まとめ:ひとつひとつ原因を探すことがポイント

音が出ないときの対処法や、イヤホンでの音の聞き方について紹介しました。
YouTubeなどに編集した動画を投稿する際は、必ず音声が流れるか確認しましょう。
また、今回の内容に限らず、エラーが起きた時はひとつひとつ原因を探すことが重要です。
以下が今回のまとめです。

  • 音が出ないときはパソコンや動画素材も確認する
  • オーディオトラックミキサーから、音の出ていないクリップを確認できる
  • イヤホンで音を聞きたいときは環境設定を変更する必要がある

こちらの記事では、音量調整の方法を紹介しているおすすめの記事なのでこちらも併せてご確認ください。
Premiere Pro(プレミアプロ)の音量調整|簡単な方法や応用テクニックまで紹介

また、この他にも当サイトでは2020年からPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使い方についての記事を多く投稿しております。
Adobeソフト関連の使い方や動画編集について知りたい方はぜひご覧ください。