Premiere Pro|波形ワープで文字を揺らすエフェクトの作り方

Premiere Proでは、文字やテロップを揺らしたり震えているようなエフェクトをかけることが可能です。
今回の記事では、波形ワープエフェクトを使って文字を揺らす方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

文字に波形ワープを適用

文字を入力

まずは、新規プロジェクトを作成して文字を入力します。


波形ワープを文字のクリップにドラッグ&ドロップ

エフェクトパネルを開いて、波形ワープを探して文字のクリップにドラッグ&ドロップしてください。
波形ワープは、ビデオエフェクト>ディストーションの中にあります。


波形ワープが追加

エフェクトコントロールパネルに波形ワープが追加されます。
次のステップから波形ワープを使って文字を揺らしていきます。


波打つように揺れるエフェクト

まずは、動画のように文字が波打つように揺れるエフェクトの作り方を紹介します。


設定

波形ワープの各項目を下記のように設定します。

  • 波形の種類・・・サイン
  • 波形の高さ・・・50
  • 波形の幅・・・500
  • 方向・・・90.0°
  • 波形の速度・・・1.0
  • 固定・・・なし
  • フェーズ・・・0
  • アンチエイリアス・・・低

これで、完了です。


テレビのノイズのように揺れるエフェクト

次にテレビのノイズのようなエフェクトの作り方を紹介します。


設定

波形ワープの各項目を下記のように設定します。

  • 波形の種類・・・ノイズ(滑らか)
  • 波形の高さ・・・100
  • 波形の幅・・・1
  • 方向・・・0.0°
  • 波形の速度・・・1.0
  • 固定・・・なし
  • フェーズ・・・0
  • アンチエイリアス・・・低

これで、完了です。


ゲームのバグのようなエフェクト

最後に、ゲームのバグのように文字が揺れるエフェクトの作り方を紹介します。


設定

波形ワープの各項目を下記のように設定します。

  • 波形の種類・・・矩形
  • 波形の高さ・・・50
  • 波形の幅・・・500
  • 方向・・・90.0°
  • 波形の速度・・・10.0
  • 固定・・・なし
  • フェーズ・・・1×0.0°
  • アンチエイリアス・・・低

これで、完了です。


まとめ:色々な波形を作ってみよう

波形ワープの波形の種類を変更すれば、いろいろな文字の揺らし方を表現できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。