Photoshopが重い?メモリ不足を解決しスピードアップする方法10選!

スピードアップ

Photoshopを使っている時に、やたらカクカクしたり急にフリーズするなど動作が重くなることはありませんか。
今回の記事では、Photoshopの動作が重い時に使える対処法を10個紹介します。
具体的には以下の通りです。すぐに実践できるので、ぜひチェックしてみてください。

  • メモリの容量を増やす
  • キャッシュレベルを上げる
  • ヒストリー数を下げる
  • グラフィックプロセッサーの設定を変更
  • 復元情報の自動保存を設定
  • メモリをクリアする
  • いらないレイヤーやマスクを削除
  • 画像をラスタライズ
  • 他のアプリケーション・ドキュメントを閉じる
  • パソコンそのものをクリーンアップ

メモリの容量を増やす

まずは、メモリの容量を増やしてみましょう。

パフォーマンスをクリック

画面上部のメニューから編集>環境設定>パフォーマンスをクリックします。


Photoshopで使用する容量

「メモリの使用状況」の部分を調整して、「Photoshopで使用する容量」を80%位に設定します。
設定し終わったら、Photoshopを一度閉じて再起動します。
これで、Photoshopの動作がだいぶ軽くなります。

注意点
注意点として、「Photoshopで使用する容量」を85%以上に設定すると他のアプリケーションに割り当てるメモリがなくなり、パソコンの動作が不安定になることが挙げられます。
基本的に80%前後に設定して、それでも動作が重い場合は、他の方法を実行してみましょう。


キャッシュレベルを上げる

キャッシュレベルを上げることで、Photoshopの動作を早くすることができます。

キャッシュレベルを調整

メモリの容量を増やすときと同じように、画面上部のメニューから編集>環境設定>パフォーマンスをクリックして、キャッシュレベルを調整してください。
キャッシュレベルは、1~8のレベルで調整できます。
8が一番動作が軽くなります。

注意点
キャッシュレベルが高いと画像の読み込みは遅くなるので注意してください。


ヒストリー数を下げる

ヒストリーパネルに保存できるヒストリー数を少なくすることで、Photoshopの動作を軽くできます。

ヒストリー数を下げる

画面上部のメニューから編集>環境設定>パフォーマンスをクリックして、ヒストリー数を小さくしてください。

注意点
ヒストリー数は編集の取り消しをできる回数です。
例えば、ヒストリー数を1にするとひとつ前の編集にしか戻ることができないため、ミスした時にとても不便です。
ヒストリー数は、10~20位に設定しておくことをおすすめします。


グラフィックプロセッサーの設定を変更

グラフィックプロセッサーの詳細設定を行うことで、メモリの容量を減らし動作を軽くすることができます。

グラフィックプロセッサーの設定

画面上部のメニューから編集>環境設定>パフォーマンスをクリックして、「グラフィックプロセッサーの設定」の詳細設定を選択してださい。


描画モードを変更

描画モードを変更しましょう。
描画モードは以下の3つから選択できます。

  • 基本・・・一番メモリの使用量が少ない。
  • 標準・・・二番目にメモリの使用量が少ない。
  • 詳細・・・使用するメモリ量は標準モードと同じだが、3Dなど高度な作業をするための設定であるため一番動作が重くなる。

復元情報の自動保存を設定

復元情報の自動保存を設定することで少しPhotoshopの速度を上げることができます。

ファイル管理

画面上部のメニューから編集>環境設定>ファイル管理を選択します。


復元情報を次の間隔で自動保存

「復元情報を次の間隔で自動保存」を1時間に設定すると動作が軽くなります。

注意点
一番動作が軽くなるのは、「復元情報を次の間隔で自動保存」のチェックマークを外すことです。
しかし、Photoshopがフリーズしたり落ちた時に保存されなくなる可能性があるので、1時間に設定しておくことをおすすめします。


メモリをクリアする

メモリをクリアするのも、Photoshopが重い時に有効です。

すべてをクリック

画面上部のメニューから編集>メモリをクリア>すべてをクリックします。
これで、メモリをクリアすることができます。

注意点
メモリをクリアすると、今までの編集履歴も消去されます。
やり直しをできなくなるので注意してください。


いらないレイヤーやマスクを削除

ドキュメントの中にはいらないレイヤーやマスクが残っていると、メモリがデータが重くなるためPhotoshopの動きも遅くなります。
いらないレイヤーは削除して、レイヤーマスクは適用するようにしましょう。


レイヤーをラスタライズ

画像がスマートオブジェクトだと、画質が高品質に保たれる分、データが重くなります。
特に編集することがない場合は、レイヤーをラスタライズしておきましょう。

レイヤーをラスタライズ

スマートオブジェクトになっているレイヤーを右クリックして、「レイヤーをラスタライズ」を選択するとラスタライズできます。


他のアプリケーション・ドキュメントを閉じる

他のアプリケーションや、編集しないPhotoshopデータを開いているとPhotoshopの動きが重くなります。
使わないものは一度全て閉じて、Photoshopのみ使用している状態にしましょう。


パソコンそのものをクリーンアップ

パソコンからいらないデータやアプリケーションを削除することで、Photoshopが重い状態を解決できます。
パソコンの中は、定期的に整理しておきましょう。


まとめ:Photoshopを快適に使おう

Photoshopを快適に使うためにも、定期的に環境設定を見直すことをおすすめします。
ぜひ今回の記事を参考にして、Photoshopの環境設定を色々いじってみてください。

こちらの記事では、Photoshopが起動できなくなった時の対処法について解説しておりますので併せてご覧ください。
Photoshopが起動しない時に試してみるべき対処方法

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。