Photoshop(フォトショップ)で背景パターンの作り方

Photoshopでは、背景のパターンを簡単に作成することができます。
今回の記事では、Photoshopで背景パターンを作成する手順やコツを紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

パターンの元になる円を作成

一番簡単なドット柄のパターン

今回は上記のような作成するのが一番簡単なドット柄のパターンの作り方を紹介します。


新規ファイルを作成

まずは、新規ファイルを作成してパターンの元になる円を作成します。
カンバスサイズを幅100px、高さ100pxに設定します。
もっと一つ一つの円が小さなパターンを作りたいときは、カンバスサイズを更に小さく設定しましょう。


選択範囲を作成

新規ファイルを作成したら、背景レイヤーを削除して通常の透明レイヤーに楕円形選択ツールを使って選択範囲を作成しましょう。
Shiftキーを押しながらドラッグすると正円の選択範囲を作成できます。


選択範囲内を塗りつぶし

次にブラシツールを使って選択範囲内を塗りつぶします。


円をカンバスの真ん中に移動

選択範囲を解除して、移動ツールを使い円をカンバスの真ん中に移動します。
ここまで出来たら、完成したも同然です。
次のステップに進みましょう。


編集>パターンを定義を選択

パターンを定義

画面上部のメニューから、編集>パターンを定義を選択します。


OKボタンをクリック

パターンの名前を決めたらOKボタンをクリックしてください。
これで、パターンは完成です。
次のステップで作成したパターンを使ってみましょう。


作成したパターンを使用する方法

ここでは、作成したパターンを実際に使用する方法を紹介します。
塗りつぶしツールを使ってパターンを適用する方法と、シェイプレイヤーに使用する方法を紹介します。

塗りつぶしツールを使う方法

まずは、塗りつぶしツールを使ってパターンを適用する方法を紹介します。

パターンに変更

ツールバーから塗りつぶしツールを選択したら、画面上部のメニューの描画色の部分をパターンに変更します。


一番下にスクロール

画像の赤枠の部分をクリックして、先ほど作成したパターンを探します。
基本的に一番下にスクロールするとあります。


パターンが適用

作成したパターンを選択したら、画面をクリックしてみましょう。
パターンが適用されます。

シェイプレイヤーに使用する

ここでは、シェイプレイヤーにパターンを適用する方法を紹介します。

シェイプを作成

まずは、多角形ツールや長方形ツールなどを使ってシェイプを作成します。


パターンを選択

次に画面上部のメニューの「塗り」をクリックして、パターンを選択します。


シェイプレイヤーにパターンを適用

作成したパターンを選択します。
これで、シェイプレイヤーにパターンを適用できます。


パターンの色を変える方法

パターンの色は後から変更することができます。

カラーオーバーレイを選択

パターンを適用したレイヤーを選択して、レイヤーパネルの下の「fx」のボタンをクリックしてカラーオーバーレイを選択します。


OKボタンをクリック

変更したい色を適用して、OKボタンをクリックすれば完了です。
シェイプレイヤーの場合、この方法で色を変更することはできないので一度ラスタライズしましょう。


画像や複雑なオブジェクトをパターンにするコツ

パターンにするコツ

画像のように複数な写真を一つのパターンにする時にはコツがあります。
ここでは、そのコツとパターン作成の流れを紹介します。

画像をグループ化

写真を自由に配置

まずは、写真を自由に配置します。


新規グループを作成

配置したら全ての写真のレイヤーを選択して、レイヤーパネルの下にある「新規グループを作成」をクリックします。

コピーして正方形の中に配置

シェイプレイヤーで正方形を9個配置

画像のようにシェイプレイヤーで正方形を9個配置します。
今回は一つの正方形を500×500ピクセルで作成しましたが、写真の大きさに合わせて変更して大丈夫です。


正方形の中に均等に配置

前のステップで作成したグループをコピーして、正方形の中に均等に配置しましょう。
正方形からはみ出ても問題ないので一つの正方形の中に一つのグループを配置します。

カンバスを正方形に切り抜き

クリックすると選択範囲が作成

真ん中の正方形のレイヤーのアイコンをCtrlキーを押しながらクリックすると選択範囲が作成されます。


イメージ>切り抜きを選択

この状態で画面上部のメニューからイメージ>切り抜きを選択します。


パターンを登録

カンバスが正方形に切り抜かれます。
正方形のレイヤーを非表示にして、画面上部のメニューから編集>パターンを定義を選択して、パターンを登録してください。


パターンを綺麗に作成

これで、写真を使ったパターンを綺麗に作成できます。


まとめ:パターンを作成すると作業が楽になる

複雑な背景を作成したいときは、パターンを作成することで作業を楽にできます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。