Photoshop(フォトショップ)のインデックスとは?解除の方法

Photoshopには、使用する色数を減らして画像のファイルサイズを小さくできるインデックスカラーというモードがあります。
今回の記事では、インデックスの概要や解除の方法、カスタマイズの方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

インデックスとは?

インデックスとは、Photoshopで使用できるカラーモードのことです。
Webページで使用する画像を作成するときなどに用いられます。

インデックス

インデックスを使用すると、画像のようにレイヤーにロックがかかり、レイヤー名がインデックスになります。


インデックスカラーを選択

インデックスカラーを使用したいときは、画面上部のメニューからイメージ>モード>インデックスカラーを選択しましょう。

インデックスのメリット

インデックスカラーは、使用する色数を256色に制限する代わりにファイルサイズを小さくすることができます。
Webサイトを作成するときに、データが重くなるのを避けることができます。

インデックスのデメリット

インデックスカラーは、ファイルサイズが小さくなりますが、一部の編集ができなくなります。
例えば、下記のような編集はインデックスカラーではできません。

  • ぼかし
  • グラデーション
  • フィルターの適用
  • 新規レイヤー、調整レイヤーの作成など

インデックスを解除するには?

インデックスを解除する方法は簡単です。

RGBカラーを選択

画面上部のメニューからイメージ>モード>RGBカラーを選択することで解除されます。


インデックスのカラーテーブルをカスタマイズする方法

インデックスカラーでは、使用する256色を自分でカスタマイズすることができます。

カラーテーブルを選択

カラーモードがインデックスカラーの状態で、画面上部のメニューからイメージ>モード>カラーテーブルを選択します。


変更したい色をクリック

現在使用している色が表示されます。
変更したい色をクリックすると、カラーピッカーが開き変更できます。


右下までドラッグ

また、全てのカラーをまとめて」変更することもできます。
左上のカラーをクリックして、右下までドラッグしましょう。


最初のカラーを指定

すると、カラーピッカーが開き最初のカラーを指定するように促されます。


最後のカラーを設定

最初のカラーを設定すると、次に最後のカラーを設定するように促されるのでこちらも設定しましょう。


カラーがグラデーションで設定される

すると、カラーがグラデーションで設定されます。
このように疑似的なグラデーションを作成することも可能です。


まとめ:画質が落ちることもあるので注意

インデックスカラーは使用する色数を制限するため、写真に適用すると画質が落ちることもあります。
画質を落としたくない場合は注意しましょう。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。