Photoshop(フォトショップ)で色調補正や画像を明るくする方法

Photoshopでは、画像の色を変えたり明るく調整することができます。
今回の記事では、調整レイヤーを使った色調補正の方法や写真を明るくする方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

色調補正の方法

まずは、色調補正の方法について紹介します。

色相・彩度

レイヤーパネルから調整レイヤーの「色相・彩度」を選択します。


色相・彩度の調整

色相・彩度の調整ができるようになります。
下記で基本的な調整方法を紹介します。

色を変える

色相の項目

色相の項目を調整すると、画像の色を変えることができます。
画像の一部の色を置き換える方法は下記で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Photoshop(フォトショップ)で色の置き換え!できない時の対処法も紹介

色の鮮やかさを変える

彩度の項目

彩度の項目では、色の鮮やかさを変更できます。
数値を上げるほど鮮やかになり、彩度を下げるとモノクロになります。

色の明るさを変える

明度の項目

明度の項目では、画像の色の明るさを変更できます。
数値を上げると白っぽくなり、下げると黒っぽくなります。


写真を明るくする方法

ここでは、写真を明るくする方法について紹介します。
今回は、初心者でも使いやすい「明るさ・コントラスト」を使った方法について紹介します。

明るさ・コントラスト

レイヤーパネルから調整レイヤーの「明るさ・コントラスト」を選択します。


明るさ・コントラストの調整

明るさ・コントラストの調整ができるようになります。
下記で基本的な調整方法を紹介します。

明るさを変える

明るさの項目

明るさの項目を調整すれば、写真を明るくできます。

コントラストを調整する

コントラストの項目

コントラストの項目で、画像の明暗をはっきりできます。

写真の明るさをさらに細かく調整するには、トーンカーブを使用するのがおすすめです。
下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Photoshop(フォトショップ)|トーンカーブの使い方を詳しく紹介!

調整レイヤーを使うメリット

今回は、調整レイヤーを使って色調補正や画像を明るくする方法について紹介しました。
基本的に色調補正や明るさ調整をするときは、調整レイヤーをおすすめします。
では、なぜ調整レイヤーが良いのでしょうか。
理由は下記の通りです。

  • 失敗した時にやり直すのが簡単
  • マスク機能を使って部分的な編集もできる
  • 複数のレイヤーに調整をかけられる

まとめ:調整レイヤーを使いこなそう

調整レイヤーでは、今回紹介したもの以外にも様々な種類があります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。