Photoshopのフィルターが使えない!?原因と対処法を紹介!

Photoshopで作業していると、フィルターが使えなくなることが稀にあります。
今回の記事では、Photoshopでフィルターが使えないときの対処法について紹介します。
初心者の方に向けて、簡単に解説しておりますのでぜひご覧ください。

カラーモードを変更する

画像のカラーモードがCMYKになっていると、一部のフィルターが使えなくなります。
カラーモードをRGBに変更しましょう。

RGBカラーを選択

画面上部のメニューから、イメージ>モード>RGBカラーを選択します。
これで、全てのフィルターを使えるようになります。


bitチャンネルを変更する

bitチャンネルが、16bitや32bitだと一部のフィルターやフィルターギャラリーが使用できなくなります。
bitチャンネルは8bitに変更しましょう。

8bit/チャンネルを選択

画面上部のメニューから、イメージ>モード>8bit/チャンネルを選択します。
これで、全てのフィルターを使えるようになります。


レイヤーにロックがかかっている

ロック

画像のように、レイヤーに鍵のマークが付いている状態を「レイヤーがロックされている」といいます。
レイヤーがロックされていると、フィルターだけでなく全ての編集ができなくなります。
鍵のマークをクリックして、レイヤーのロックを解除しましょう。


レイヤーが選択されていない

フィルターが使えない場合、そもそもレイヤーを選択できていないことが考えられます。

レイヤーを選択できていない

画像のように、少し白くなっていればレイヤーが選択できています。


フィルターメニューが一部消えた場合

フィルターのメニューが一部なくなった場合は、環境設定を見直すことで解決できます。

プラグイン

画面上部のメニューから、編集>環境設定>プラグインを選択します。


チェックマーク

「すべてのフィルターギャラリーグループと名前を表示」という項目にチェックマークを入れれば完了です。


まとめ:設定を一つ一つ見直そう

フィルターが使えなくなった場合、設定を一つ一つ見直すことで解決できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。