Photoshop初心者向け|切り抜いた画像の境界線のギザギザを削除する方法4選

Photoshopで切り抜きをした後、背景を透過してみると境界線がギザギザになったり汚れていることはありませんか。
この記事では、Photoshopを使って切り抜いた画像の境界線のギザギザや汚れを消す方法を4つ紹介します。
初心者の方でも、分かりやすいように説明しておりますのでぜひチェックしてみてください。

対処法1:グローバル調整

最初はグローバル調整を使用する方法について紹介します。
グローバル調整は、画像の境界線のギザギザを消すことができる機能です。
また、グローバル調整は画像を切り抜く前に行う対処法なので注意してください。
それでは、グローバル調整の使い方について見ていきましょう。

選択とマスクをクリック

選択とマスクをクリック

画像のように選択範囲を作成した状態で、画面上部の「選択とマスク」をクリックします。


編集画面

「選択とマスク」の編集画面が表示されます。
この画面で操作していきます。
右側の属性パネルをスクロールすると、グローバル調整のメニューが出てきます。
「滑らかに」、「ぼかし」、「コントラスト」、「エッジをシフト」、それぞれの項目を調整していきましょう。
また、それぞれの項目を調整するとどのような仕上がりになるのか、下記で確認していきましょう。

「滑らかに」を調整した場合

滑らかに

「滑らかに」の数値を大きくすると、境界線のギザギザした部分が自動で滑らかになります。
境界線のギザギザを調整したい場合はこの数値を調整するといいでしょう。
ただし、髪の毛や羽毛など境界線が細かくなる場合境界線がざっくりとしてしまうので注意が必要です。

「ぼかし」を調整した場合

ぼかし

「ぼかし」の数値を大きくすると、画像のように境界線がぼやけます。
ぼかしすぎると境界線があやふやになるのでほどほどにしておくといいでしょう。

「コントラスト」を調整した場合

コントラスト

「コントラスト」は境界線のぼけている部分をクッキリさせます。
元から境界線がぼけていて、クッキリさせたい場合はこの項目を調整するといいでしょう。

「エッジをシフト」を調整した場合

エッジをシフト

「エッジをシフト」はぼやけた境界線の位置を調整することができます。
数値をプラスよりにすれば、上記のように境界線が外側にでき、マイナス寄りにすれば境界線が内側にできます。

エッジをシフト


対処法2:フリンジ削除

ここでは、フリンジ削除の方法について紹介します。
フリンジ削除は、画像の境界線の黒フチや白フチなどの汚れを消すことができます。
作業手順は以下の通りです。

フリンジ削除

画面上部のメニューから、レイヤー>マッティング>フリンジ削除をクリックします。


境界線の汚れが削除される

幅の数値を入力してOKをクリックすると、境界線の汚れが削除されます。


対処法3:黒マット削除

次に黒マット削除の方法について紹介します。
黒マット削除を使うと、境界線の黒い色の汚れが削除されます。
それでは作業手順を見ていきましょう。

黒マット削除

画面上部のメニューから、レイヤー>マッティング>黒マット削除をクリックします。


黒フチが削除される

すると境界線の黒フチが削除されます。


対処法4:白マット削除

最後は白マット削除の方法について紹介します。
黒マット削除の時とは逆に、境界線の白い汚れが削除されますが操作の仕方はほぼ同じです。

白マット削除

画面上部のメニューから、レイヤー>マッティング>白マット削除をクリックします。


白フチが削除される

すると境界線の白フチが削除されます。


まとめ:切り抜き後の画像を綺麗にしよう

画像を綺麗に切り抜くためには、画像の境界線を綺麗にする必要があります。
ぜひ編集のテクニックを覚えて、制作に役立ててください。
以下が今回のまとめです。

  • グローバル調整は境界線のギザギザを調整できる
  • フリンジ削除は境界線のゴミや汚れを削除できる
  • 黒マット削除は境界線の黒フチを削除できる
  • 白マット削除は境界線の白フチを削除できる

また、この他にも当サイトではPhotoshopだけでなくIllustratorなどAdobeソフト関連の使い方について紹介しております
初心者の方に向けて、簡単に解説しておりますので気になる方はぜひご覧ください。