Photoshop(フォトショップ)ネオンのように光る文字の作り方

Photoshopでは、ネオン管のように光っているオブジェクトを作成することができます。
今回の記事では、ネオンのように光る文字の作り方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

下記のステップで作成していきます。

STEP.1
背景を準備
STEP.2
文字を入力
STEP.3
レイヤースタイルを追加
STEP.4
細かい仕上げ

Step1背景を準備

背景を準備

まずは、背景となる画像を用意します。
ネオンライトを作るので、なるべく夜っぽい画像が好ましいです。


Step2文字を入力

文字を入力

次に文字を追加します。
好きな色やフォントで入力しましょう。


Step3レイヤースタイルを追加

入力した文字にレイヤースタイルを追加します。

レイヤー効果をクリック

レイヤーパネルの「fx」のボタンをクリックして、レイヤー効果をクリックします。


レイヤースタイル

レイヤースタイルのパネルが開きます。
下記の項目を編集していきます。

  • ベベルとエンボス
  • 光彩(内側)
  • 光彩(外側)

ベベルとエンボス

ベベルとエンボス

ベベルとエンボスにチェックマークを入れて、画像のように数値を編集したらOKをクリックします。


レイヤーの塗りを0

そして、レイヤーの塗りを0にします。

光彩(内側)・光彩(外側)

テキストレイヤーを複製

先ほど作成したテキストレイヤーを複製します。
下のテキストレイヤーを選択して、レイヤースタイルを開きます。


数値を調整

光彩(内側)と光彩(外側)にチェックマークを入れて、画像のように数値を調整します。


Step4細かい仕上げ

最後に仕上げをしていきます。

テキストレイヤーを複製

ベベルとエンボス、光彩(内側)、光彩(外側)が追加されているテキストレイヤーを複製します。


レイヤースタイルをラスタライズ

そして、右クリックして「レイヤースタイルをラスタライズ」を選択します。


ぼかし(ガウス)

そして、画面上部のメニューからフィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)を選択します。


半径の数値を調整

半径の数値を調整して、OKをクリックします。


これで完成です。


まとめ:シェイプでも作成可能

今回は文字で作成しましたが、長方形や楕円のようなシェイプでも同じ手順で作成可能です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。