Photoshop(フォトショップ)ネオンのように光る文字の作り方

Photoshopでは、ネオン管のように光っているオブジェクトを作成することができます。
今回の記事では、ネオンのように光る文字の作り方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

下記のステップで作成していきます。

STEP.1
背景を準備
STEP.2
文字を入力
STEP.3
レイヤースタイルを追加
STEP.4
細かい仕上げ

Step1背景を準備

背景を準備

まずは、背景となる画像を用意します。
ネオンライトを作るので、なるべく夜っぽい画像が好ましいです。


Step2文字を入力

文字を入力

次に文字を追加します。
好きな色やフォントで入力しましょう。


Step3レイヤースタイルを追加

入力した文字にレイヤースタイルを追加します。

レイヤー効果をクリック

レイヤーパネルの「fx」のボタンをクリックして、レイヤー効果をクリックします。


レイヤースタイル

レイヤースタイルのパネルが開きます。
下記の項目を編集していきます。

  • ベベルとエンボス
  • 光彩(内側)
  • 光彩(外側)

ベベルとエンボス

ベベルとエンボス

ベベルとエンボスにチェックマークを入れて、画像のように数値を編集したらOKをクリックします。


レイヤーの塗りを0

そして、レイヤーの塗りを0にします。

光彩(内側)・光彩(外側)

テキストレイヤーを複製

先ほど作成したテキストレイヤーを複製します。
下のテキストレイヤーを選択して、レイヤースタイルを開きます。


数値を調整

光彩(内側)と光彩(外側)にチェックマークを入れて、画像のように数値を調整します。


Step4細かい仕上げ

最後に仕上げをしていきます。

テキストレイヤーを複製

ベベルとエンボス、光彩(内側)、光彩(外側)が追加されているテキストレイヤーを複製します。


レイヤースタイルをラスタライズ

そして、右クリックして「レイヤースタイルをラスタライズ」を選択します。


ぼかし(ガウス)

そして、画面上部のメニューからフィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)を選択します。


半径の数値を調整

半径の数値を調整して、OKをクリックします。


これで完成です。


ただ副業してもダメ!?
デザインだけに専念して収入も増やせる方法とは?

今回の記事を読んだ方は、デザイナーもしくはデザイナー見習いという人が多いのではありませんか。
今の会社や収入に不満のあり、デザインの副業をして収入を増やそうと考える人もいるでしょう。
しかし、実際に副業をしても

「クラウドソーシングで探しても倍率が高くコンペも落とされる…」
「案件を取るために自分で営業しても上手くいかない…」
「単発の案件ばかりで継続的に稼げない…」
「営業や事務作業などの無駄な時間が多い…」

という悩みを持ったことはありませんか。

副業やフリーランスの場合、営業や事務対応など全ての作業を自分で行なわないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「案件を紹介してくれたり、仕事中のサポートをしてくれる人」がいたら副業も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「レバテッククリエイター」を使用すれば、未経験者でもデザインだけに専念して収入UPが可能です。
レバテッククリエイター」はクリエイター向けの案件紹介サイトです。

特長的なのは自分に適した案件を紹介してくれるためデザインに専念できる点と、キャリアプランや仕事の進め方、果ては次回プロジェクトについての相談が可能な点です。

それら全てのサービスを無料で使用できます。
そのため、デザインに専念して収入を増やしたい人自分で営業したくない人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • 営業の手間を省いてデザイン作業だけで収入UPできる!
  • 無料のキャリア相談でより良い働き方を実現できる!
  • フリーランスでも継続して案件がもらえるので安心!

レバテッククリエイターは60秒で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、すぐに担当者がついてキャリアプランや案件について相談可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

60秒でレバテッククリエイターに無料登録

スマホの方はこちらからチェック!

まとめ:シェイプでも作成可能

今回は文字で作成しましたが、長方形や楕円のようなシェイプでも同じ手順で作成可能です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。