Illustrator(イラストレーター)で使われている単位を切り替え・変更する方法

Illustratorでは、使用している単位を自由に切り替えることができます。
今回の記事では、Illustratorで使われている単位を切り替える方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますで興味のある方はぜひご覧ください。

環境設定>単位から変更

まずは、環境設定から変更する方法について紹介します。

環境設定>単位を選択

画面上部のメニューから編集>環境設定>単位を選択します。


単位を変更

一般、線、文字、東アジア言語の4つで使用される単位を変更できます。
アートボードやオブジェクトなどで使用される単位を切り替えたい場合は「一般」の単位を変更しましょう。
OKボタンをクリックすれば環境です。


定規を右クリックして変更

画面に表示されている定規を右クリックすることで、単位を変更することができます。
普段から、定規を表示して編集している人はここで紹介する方法が便利でしょう。

定規を表示を選択

画面上部のメニューから表現>定規>定規を表示を選択します。


定規が表示される

これで、定規が表示されます。
定規の部分を右クリックすると、単位が変更されます。
ただし、この方法で変更できるのは環境設定の「一般」と同じものです。
線や文字で使用される単位を変更したいときは、環境設定から変更しましょう。


新規ドキュメントのウィンドウから変更

新規ドキュメントを作成する時のウィンドウから単位を変更することができます。

単位を切り替えた状態で編集を始めることができる

「幅」の横にあるメニューから単位を切り替えましょう。
作成のボタンをクリックすれば、単位を切り替えた状態で編集を始めることができます。


まとめ:作成するドキュメントによって使い分けましょう

WebやDTPでは、使われる単位が違うことも多いので場合によって単位を切り替えることができると便利です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。