Illustrator(イラレ)で編集した画像を保存・書き出しする方法

Illustratorでは、作成途中の画像を保存したり作成が完了した画像を書き出しすることができます。
今回の記事では、Illustratorで画像データを保存する方法と書き出しする方法について紹介します。
初心者の方に向けて簡単に紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

画像データを保存する方法

まずは、作成途中の画像データを保存する方法について紹介します。

ファイル>保存を選択

画面上部のメニューから、ファイル>保存を選択します。


保存ボタンをクリック

保存したい場所、画像データの名前を決めて保存ボタンをクリックしましょう。


画像データを保存

これで画像データを保存できます。
ダブルクリックすれば、データを開き再び編集することができます。

画像データを書き出しする方法

書き出しとは、作成したデータをJPEGやPNGなど様々な形式で保存することです。
ここでは、作成した画像データを書き出しする方法について紹介します。

通常の書き出し方法

まずは、通常の書き出し方法を紹介します。

書き出し形式を選択

画面上部のメニューから書き出し>書き出し形式を選択します。


ファイルの種類

書き出ししたい場所、画像データの名前、ファイルの種類(ファイル形式)を決めて書き出しボタンをクリックしましょう。
これで書き出しは完了です。

書き出し形式については下記の記事で紹介しておりますので、どのファイル形式で保存するべきか分からない人は参考にしてください。

Photoshop画像保存 Photoshopで画像を保存する方法・ファイル形式まとめ

まとめて書き出すならスクリーン用に書き出し

複数のアートボードをまとめて書き出したい、データ内の素材を別々に書き出したいといった場合は「スクリーン用に書き出し」がおすすめです。

まずは、アートボードをまとめて書き出す方法を紹介します。

スクリーン用に書き出し

画面上部のメニューから書き出し>スクリーン用に書き出しを選択します。


スクリーン用に書き出し

「スクリーン用に書き出し」のパネルが開きます。
上部のメニューで「アートボード」を選択して、書き出したいアートボードにチェックマークを入れれば、複数のアートボードを書き出しできます。
右側のメニューで、書き出し先やファイル形式を選択しましょう。
これで、「アートボードを書き出し」をクリックすれば完了です。


画像素材をバラバラに書き出す方法

次に画像データ内の素材をバラバラに書き出す方法(アセットの書き出し)を紹介します。

アセットの書き出し

画面上部のメニューからウィンドウ>アセットの書き出しを選択します。


素材をパネルにドラッグ&ドロップ

「アセットの書き出し」が開きます。
選択ツールを使って書き出ししたい素材をパネルにドラッグ&ドロップします。


書き出す素材が表示される

すると、画像のように書き出す素材が表示されます。


スクリーン用に書き出し

この状態で、画面上部のメニューから書き出し>スクリーン用に書き出しを選択します。


アセットを書き出し

上部のメニューをアセットに変更して、書き出したい素材にチェックマークを入れます。
右側のメニューで、書き出し先やファイル形式を選択しましょう。
これで、「アセットを書き出し」をクリックすれば完了です。


まとめ:いろいろな方法を覚えておくと便利

保存方法や書き出し方法など、地味に種類が多いので目的に合った方法を覚えておくとよいでしょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。