Illustratorが起動しないときに試すべき対処法5選

ある日突然、パソコンからIllustratorが起動しないという事態に陥ったことはありませんか。
Illustratorが起動しない場合、Illustratorではなくパソコンそのものに問題があることも考えられます。
今回の記事では、Illustratorが起動しない時の対処法を5つ紹介します。
簡単に実践できますので、Illustratorが起動しない場合はぜひ試してみてください。
紹介する対処法は以下の通りです。

  • 環境設定ファイルを削除
  • 他のアプリケーションを閉じて再起動
  • Illustratorをアップデートする
  • パソコン内のデータを整理する
  • パソコンそのものを再起動

環境設定ファイルを削除

Illustratorが起動しない場合は、環境設定ファイルに問題がある可能性も考えられます。
一度、環境設定ファイルを削除して起動してみましょう。
環境設定ファイルは、WindowsとMacそれぞれ下記の場所にあります。
※使用しているパソコンによって微妙に異なる場合もあります。

Windows
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator <バージョン> Settings\ja_JP\x64

Mac
C:\Users\ (ユーザー名) \AppData\Roaming\Adobe\ Adobe Illustrator <バージョン> Settings\ja_JP\「 (x64 or x86) 」

また、環境設定ファイルを削除するとIllustratorの環境が初期の設定になるのでカスタマイズしている人は注意してください。


他のアプリケーションを閉じて再起動

他のアプリケーションやソフトウェアを起動している場合は、一度すべて閉じてからIllustratorを起動してみましょう。
複数のアプリケーションやソフトウェアを操作していると、パソコンに負担がかかり新たに他のアプリケーションを起動できなくなることがあります。
特にAfter EffectsやPremiere Proなど、動画編集のソフトは負荷が大きいので注意してください。


Illustratorをアップデートする

Illustratorのバージョンが古い場合、Illustratorのドキュメントファイルが開かないことがあります。
例えば、新しいバージョンで作成されたファイルを開く場合、古いバージョンのIllustratorではエラーが起こります。
エラーを起こさないためにもIllustratorをこまめにアップデートしましょう。


パソコン内のデータを整理する

パソコンに不要なデータが多いと、メモリが圧迫されてアプリケーションを開けなくなることがあります。
パソコンの中のいらないデータやアプリケーションは、こまめに削除しておきましょう。


パソコンそのものを再起動

どの方法でもIllustratorが起動しない場合は、一度パソコンを再起動してみましょう。
再起動することで、パソコンのリソース不足が改善されIllustratorが起動できるようになることもあります。


まとめ:パソコンのリソースを見直そう

Illustratorに限らず、アプリケーションが開けなくなった場合はパソコンの設定やリソースを確認してみましょう。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。