【After Effects】動画から不要な音声をカットして消す方法を紹介

After Effectsでは、使用している動画の音声をカットすることができます。
今回の記事では、After Effectsを使って音声をカットする方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

全ての音声を消したい場合

全ての音声をカット

レイヤーの中の全ての音声をカットしたい場合は、レイヤーのスピーカーのマークをクリックしましょう。
これで、レイヤーの音がカットされます。


音声を一部カットしたい場合

1秒から2秒までの間の音声をカット

音声の一部分をカットしたい場合は、レイヤーのオーディオレベルを調整します。
今回は、動画の1秒から2秒までの間の音声をカットしてみます。


キーフレーム

タイムラインインジケーターを「0;00;00;29」の部分に合わせて、キーフレームを打ちます。
キーフレームは、オーディオレベルの隣の時計マークをクリックすれば打ち込めます。


キーフレーム

次にタイムラインインジケーターを「0;00;01;00」の部分に合わせて、もう一度キーフレームを打ちます。


オーディオレベル

そして、オーディオレベルの数値を下げます。
ここの数値は、音が聞こえなくなるまで下げましょう。
ウェーブフォームが消えるまで下げればOKです。
今回は、-105.00dBまで下げました。


キーフレーム

次にタイムラインインジケーターを移動させて、「0;00;01;29」と「0;00;02;00」の部分にキーフレームを打ち込みます。


そして、「0;00;02;00」に打ち込んだキーフレームを選択した状態で、オーディオレベルの数値を0に戻します。


音声をカット

これで、動画の1秒から2秒までの間の音声をカットすることができました。


まとめ:オーディオレベルを調整すればOK

オーディオレベルでは、今回のようにカットする以外にもキーフレームの間隔を空けることで音声をフェードアウトさせることができます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。