【After Effects】文字に鉛筆で書いたような手書き風エフェクトを加える方法

After Effectsでは、文字に手書きのようなエフェクトを加えることができます。

今回の記事では、動画のように文字に手書きのエフェクトを追加する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

下記のステップで作成していきます。

STEP.0
事前準備
STEP.1
落書きを追加
STEP.2
タービュレントディスプレイスを追加
STEP.3
ポスタリゼーション時間を追加

Step0.事前準備

まずは、事前準備です。

コンポジションを作成

コンポジションを作成して好きな文字を入力しましょう。


Step1.落書きを追加

オートトレースを選択

画面上部のメニューからレイヤー>オートトレースを選択します。


落書きを追加

文字レイヤーを非表示にして、オートトレースのレイヤーにエフェクトの描画>落書きを追加します。


エフェクトコントロールパネルで調整

エフェクトコントロールパネルで調整します。
下記の項目を調整して、手書きっぽく見えるようにしましょう。

  • 落書き・・・モードを使用するすべてのマスクに変更
  • カラー・・・黒(好きな色でOK)
  • 線幅・・・4(好きな値に調整してOK)
  • ストロークオプション>カーブ・・・30%(好きな値に調整してOK)
  • ストロークオプション>カーブの変化・・・100%(好きな値に調整してOK)
  • ウィグル/秒・・・5(好きな値に調整してOK)

Step2.タービュレントディスプレイスを追加

タービュレントディスプレイスを追加

オートトレースのレイヤーにエフェクトのディストーション>タービュレントディスプレイスを追加します。
エフェクトコントロールパネルで調整します。
下記の項目を調整しましょう。

  • 量・・・10
  • サイズ・・・50
  • 複雑度・・・1.5

エクスプレッションの追加

そして、レイヤーパネルでエフェクト>タービュレントディスプレイス>展開を選択した状態で、「エクスプレッションの追加」をクリックします。


time*1000

「time*1000」と入力します。


Step3.ポスタリゼーション時間を追加

ポスタリゼーション時間を追加

オートトレースのレイヤーにエフェクトの時間>ポスタリゼーション時間を追加します。
そして、フレームレートを10に変更しましょう。
数値を下げるほど動きがカクカクします。


これで、完成です。


おまけ:テクスチャを追加

最後に質感を上げるコツについて紹介します。

テクスチャをレイヤーに追加

紙などのテクスチャをレイヤーに追加して、描画モードを加算などに設定すれば文字の質感を上げることができます。


テキストにかっこいいエフェクトを追加するには?

いかがでしたでしょうか。
今回紹介したもの以外にも、After Effectsではテキストにかっこいいエフェクトをかける方法があります。
例えば、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Lower Thirds

Lower Thirds
9種類のテキストアニメーションがセットになったテンプレートです。
タイトルや人物紹介のポップアップなど、様々な部分で簡単に使用できます。
値段も1,820円とテンプレートの中では、お手頃価格なのでコスパの面で見てもおすすめです。

Lower Thirdsをチェック

Cinematic Glitch Logo

Cinematic Glitch Logo
テレビやゲームの色ずれのような表現(グリッチノイズ)を再現できるテンプレートです。
テンプレートをテキストに適用するだけなので、初心者でも簡単に使用できます。
ゲーム実況をしている人や、SFっぽい映像を作成したい人におすすめです。

Cinematic Glitch Logoをチェック

電撃テキストアニメーション

電撃テキストアニメーション
電撃のようなエフェクトをテキストに追加できるテンプレートです。
追加したいテキストに、テンプレートを差し替えるだけなので非常に簡単です。
リンク先から、チュートリアル動画も閲覧可能なのですぐに使い方を覚えられるでしょう。

電撃テキストアニメーションをチェック

まとめ:数値は細かく微調整しよう

落書きやタービュレントディスプレイスの数値は微調整して、自分好みに設定しましょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。