カリグラフィーとは?書き方の練習やデザインの方法

文字を美しく見せる手法としてカリグラフィーがあります。
カリグラフィーを使えば、おしゃれなメッセージカードやロゴデザインの作成が可能です。
今回の記事では、カリグラフィーの概要や書き方のコツについて紹介します。

カリグラフィーとは

カリグラフィーとは

まずは、カリグラフィーの概要について紹介します。
カリグラフィーとは、簡単に言えば文字を美しく見せるための手法です。
日本の書道に近いイメージです。
自分の手を使って文字を書くので、書き手の持ち味が重要になります。

特徴としては画像のように、文字に細い部分と太い部分があります。
その強弱を上手く使って文字を美しく見せます。


どんな時に使われる?

では、カリグラフィーは具体的にいつ使われるのでしょうか。
ここでは、カリグラフィーが使われる例を紹介します。

メッセージカード

クリスマスカードや結婚式の招待状など、色々なお祝いのメッセージカードで使われます。
タイトル部分など目立つ場所で使用すれば、おしゃれに見せることが可能です。

家具の装飾

普段使っている家具やDIYで作成したものにカリグラフィーで文字を装飾すれば一段とおしゃれになります。
家の雰囲気を作るのにも一役買うので、文字を入れる時は試してみるとよいでしょう。

ロゴやキャッチコピー

広告やWebサイトで使用されるロゴやキャッチコピーにもカリグラフィーが使われることが多いです。
多くの人に見てもらう必要のある広告やロゴでは、華やかで人の目を惹きやすいカリグラフィーが適役なのです。


カリグラフィーの書き方

ここでは、カリグラフィーの書き方を簡単に紹介します。

ペンやマーカーを用意

カリグラフィーを書く時は、鉛筆やボールペンなどではなく専門のペンやマーカーを使用します。
筆先が平らで、文字に強弱をつけやすいものを選びましょう。
下記のようなペンやマーカーがおすすめです。



書体を真似するもしくは練習帳を使う

練習

カリグラフィーの書体には下記のようなものがあります。
Webで検索すれば、フリーのフォントが見つかるのでそれらを真似して練習してみるとよいでしょう。

  • カッパープレート体
  • イタリック体
  • ブラックレターゴシック体

また、カリグラフィー専門の練習帳もあるのでそれらを使って練習してみるとよいでしょう。




まとめ:楽しみながら練習しよう

自分の手で、おしゃれな文字が書けるようになるとテンションが上がりますよね。
ぜひ楽しみながら練習してみてください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。