宣言効果とは?目標を達成するのに役立つ心理学

宣言効果をご存知でしょうか。
上手く使えば、ダイエットや告白などの成功率を上げることができます。
今回の記事では、宣言効果の意味や応用方法について紹介します。
分かりやすく簡単に紹介しておりますのでぜひご覧ください。

宣言効果とは

宣言効果とは

宣言効果とは、目標を周りの人に宣言することにより、目標を達成しやすくする効果のことです。
ダイエットや恋愛、仕事など様々なところで役立てられます。

では、なぜ周りに宣言するだけで目標が達成しやすくなるのでしょうか。
主に下記のような理由があるといわれています。

引くに引けなくなる

周りに宣言した場合、失敗した時や途中であきらめた時に周りにばれてしまいます。
そのため、「バカにされたくない!」、「呆れられたくない」という心理が働きます。
宣言しない場合よりも、目標達成に向けて必死になるので成功率が上がるのです。

やる気が上がる

周りに宣言することで、必死になるだけでなく自分のやる気を上げることができます。
目標を宣言したことで、その目標に向き合う機会が増えます。
そのため、宣言しない場合よりも目標に意欲的になり成功率が上がるといわれています。
また、宣言することにより他人から応援される場合がありモチベーションアップにつながります。

宣言効果を使うときのコツ

宣言効果を使うときのコツ

ここでは、宣言効果を使うときのコツについて紹介します。
コツを押さえておくことで、成功率も上がるのでぜひチェックしてください。

具体的な目標を設定する

宣言効果を使うときは、具体的な目標を設定するようにしましょう。
目標があいまいだと、達成するためにどのように行動すればいいのかがあやふやになり失敗するケースが多いです。
「資格取得のために毎日テキストと過去問を5問ずつやる!」のように具体的にしておけば、目標達成のための行動が明確になり失敗しにくくなります。

色々な人に宣言する

色々な人に宣言するのもおすすめです。
宣言した相手が多いほど、目標達成したか確認してくる人数も増えるため後に引けなくなります。
ただし、プレッシャーに弱い人は無理のない範囲にとどめておきましょう。

また、宣言することで協力者をゲットできる可能性もあります。
周りの協力してくれそうな相手に宣言していくのもいいかもしれません。

何度も宣言して行動に移す

最後に、何度も宣言して行動に移すことを習慣化しましょう。
何度も宣言することで、目標を達成することが当たり前のことだと潜在意識に擦り込まれるため、モチベーションの維持につながります。
また、実際に行動に移しやすくなり努力が習慣化されるので、目標の達成率も上がります。

宣言効果の注意点

宣言効果の注意点

このステップでは、宣言効果を使うときの注意点について紹介します。

目標を大きくしすぎない

設定した目標が大きすぎると、挫折する確率が上がります。
達成できるかどうかのギリギリの目標を設定するようにしましょう。

どうでもいい人に宣言しない

宣言した相手が自分にとってどうでもいい人だと、「別に失敗してもいいか」という心理になってしまいます。
宣言するなら、尊敬している人や同僚、家族など近しい相手にするとよいでしょう。

失敗を恐れない

「宣言しておいて失敗したらどうしよう」と考えるのも良くありません。
不安やプレッシャーを抱えた状態だと、上手くいかない可能性が上がります。
そのため、「失敗した自分を笑うような人」に宣言しないことも重要です。
宣言した後は、目標達成のために具体的にどのように行動するべきかだけを考えましょう。


まとめ:行動することが一番重要

目標を達成するには、何よりも行動に移すことが重要です。
宣言効果は、行動に移すための後押しと考えればよいでしょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、目標達成に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。