動画編集の仕事の取り方!種類や仕事の取る時のコツを紹介

動画編集の仕事は、場所を選ばず個人でできるので副業として始める人が増えています。
今回の記事では、これから動画編集を仕事にしたい人に向けて動画編集の仕事の種類や仕事の取り方について紹介します。
分かりやすく、簡単に紹介しておりますのでこれから動画編集を始めたい人はぜひご覧ください。

個人でできる動画編集の種類

動画編集の種類

まずは、個人でできる動画編集の種類を紹介します。
難易度や必要なスキルも違ってくるのでぜひチェックしてみてください。

YouTubeの動画編集代行

最近増えつつある案件です。
カット割りやテロップ挿入がメインの作業となります。
動画編集の中では、比較的簡単な方ですが単価は安めです。
初めて動画編集をする人は、この編集代行から初めて見るとよいでしょう。

ポイント

  • 初心者向けの仕事
  • 単価は安め
  • 単純作業がメイン

動画広告の制作

YouTubeやアプリで流れる動画広告の制作です。
動画の作成だけでなく、動画で使用する画像素材の作成を行うこともあります。
長期的な案件もあるので、動画編集で収入を安定させたいなら挑戦してみるのもいいでしょう。

ポイント

  • 求人サイトからの募集がメイン
  • 短期から長期まで色々な案件がある
  • 画像加工など他のスキルがあると有利

ウェディングムービー

結婚式で使われるウェディングムービーの制作は、1本約1万円と単価がやや高めです。
動画編集だけでなく、撮影も行う案件が多いです。
撮影は土日祝に行う場合も多いので、副業やWワークがやりやすいです。

ポイント

  • やや難易度は高め
  • 撮影スキルも必要
  • 新婚夫婦にとって特別な映像の制作なのでやりがいを感じられる

ミュージックビデオの制作

YouTubeやニコニコ動画などで公開されているミュージックビデオの制作はやや難易度が高めです。
実写の場合もありますが、イラストやオブジェクトのみで構成されるモーショングラフィックスを依頼される場合が多いです。
イラストレーターや楽曲作成者と、コミュニケーションを取りながら制作していくのが基本的な流れです。

ポイント

  • 初心者にとって難易度は高め
  • モーショングラフィックスのスキルが必要
  • イラストが描けると有利

動画編集の仕事の取り方

仕事の取り方

それでは、ここからいよいよ動画編集の仕事の取り方を紹介します。

SNSやYouTubeから仕事をとる

SNSやYouTubeで自ら発信することで、仕事を依頼してもらう方法です。
投稿するための動画を作成するのは、スキルアップにもつながるので初心者はまず発信することからはじめてみるのもよいでしょう。
また、TwitterやInstagramで「動画編集 募集」などと検索すれば、動画編集依頼の募集が見つかることも多いので、積極的にチェックしてみてください。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受けたい人をマッチングさせるサービスのことです。
編集代行やウェディングムービーなど仕事内容を細かく検索できるので、自分のやりたい仕事を見つけやすいです。
クラウドワークスやランサーズなど無料で使用できるサービスが多いので、ぜひ登録してみてください。

下記のクラウドテックも無料で会員登録できるので、ぜひチェックしてみてください。


副業やWワーク向けの求人サイトに登録する

求人サイトには、長期的な案件や高単価な案件が多く掲載されています。
しかし、初心者には難易度の高い案件が多いので、ある程度経験を積んでおくと安心です。
登録自体は無料のサイトが多いので、先に登録だけしておくのもよいでしょう。

おすすめの求人サイトにレバテッククリエイターがありますので、興味のある方はぜひご覧ください。


仕事を取る時のコツ

最後に、動画編集の仕事を取る時のコツについて紹介します。
コツを知っておくことで、仕事を獲得できる可能性も上がるのでぜひチェックしてみてください。

提案文を作成する

提案文とは、クライアントに見てもらう履歴書やアピール文みたいなものです。
クラウドソーシングに登録する自己紹介文や自分から営業をかける時に先方へ送る文章を指します。
提案文を分かりやすく作成しておけば、初対面の人にも自分の得意分野や作風を簡潔に伝えられるので、ぜひ作成しておきましょう。
コツとしては下記のようなものがあります。

  • スキルや実績を分かりやすく記載する
  • SNSやYouTube、ポートフォリオのリンクも一緒に載せておく
  • 長くなり過ぎないように簡潔にまとめる

ポートフォリオを作成する

自分の制作実績をまとめたポートフォリオを作成するのも、案件獲得に役立ちます。
実績や経験がない場合は、自主制作をまとめたものでも構いません。
制作にかかった時間や、作品の意図などの説明を追加しておけば、クライアントに自分がどの程度のスキルを持っているのか伝えられるため信頼を与えることが可能です。
自分でWebサイトを作ってまとめたり、YouTubeにまとめるのもありです。
クライアントに見られるいわば顔のような役割を果たすため、丁寧に制作することをおすすめします。

得意分野を明確にする

自分の得意分野を明確にしておくことも重要です。
YouTubeの編集代行が得意なのか、モーショングラフィックスが得意なのかで獲得できる案件も違います。
例えば、YouTubeの編集代行が得意で早く的確に作業できるなら、具体的な作業時間などをアピールするのもよいでしょう。
また、クライアントにとっても得意分野がはっきりしていると依頼がしやすいので「動画編集ならなんでもします!」より「YouTubeの動画編集代行を専門にしています」といった風に、得意分野が分かるように宣伝しましょう。

SNSを活用する

SNSで自分の作品を投稿しておけば、認知度が高まり営業活動しなくても依頼が来るようになる可能性が高いです。
また、YouTuberのアカウントにDMを送って動画編集の代行を委託してもらう方法もあります。
積極的に活動することで、知名度アップにもつながるのでぜひ試してみてください。


まとめ:積極的に活動しよう

個人で動画編集を始める場合、自分から積極的に活動しないと仕事を取るのは難しいです。
まずは、クラウドソーシングの登録など簡単にできることから始めてみましょう。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。