【Premiere Pro】メディアを読み込む方法

Premiere Proでは、動画や画像などのメディアを読み込んで編集することができます。
この記事では、Premiere Proでメディアを読み込む方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

プロジェクトパネルを開く

メディアを読み込むにはプロジェクトパネルを使用します。

プロジェクトを選択

画面上部のメニューからウィンドウ>プロジェクトを選択してください。


ドラッグ&ドロップ

プロジェクトパネルが開きます。
プロジェクトパネルに読み込みたい画像や動画をドラッグ&ドロップしましょう。


タイムラインに配置

これで、メディアが読み込まれました。
読み込んだメディアをタイムラインに配置して、編集しましょう。

タイムラインに配置する方法は下記をご覧ください。

【Premiere Pro】タイムラインの使い方やトラックの追加方法

作業効率を格段に上げるテンプレート

メディアを読み込む方法について紹介しました。
Premiere Proでは、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Transition Pack

Transition Pack

120個ものトランジションがセットになった超豪華なテンプレートです。
一つ一つのトランジションがオシャレでバリエーションも豊富なので、映像のクオリティを上げるのに役立ちます。
リンク先に紹介動画もあるので、是非チェックしてみてください。

Transition Packをチェック

500 Shape Elements

500 Shape Elements

500以上ものアニメーションがセットになったテンプレートです。
使い方はドラッグ&ドロップするだけで、色の編集も簡単に行えます。
クオリティが高くコスパもよいので、初心者におすすめのテンプレートといえます。

500 Shape Elementsをチェック

Cinematic Film LUT’s

Cinematic Film LUT's

映画で使われるようなカラーグレーディングを再現できるテンプレートです。
クオリティの高いプリセットが15種類使え、ハリウッドのようなすごい映像を作ることもできます。
映像のクオリティにこだわりたい人におすすめのテンプレートです。

Cinematic Film LUT’sをチェック


まとめ:読み込み過ぎには注意

メディアを読み込みすぎるとPremiere Proが重くなる場合もあるので注意しましょう。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。