Premiere Pro(プレミアプロ)|リンク切れが起きた時の対処法

Premiere Proで画像や動画を取り込んだ時に、リンク切れが起こったことはありませんか。
今回の記事では、Premiere Proでリンク切れが起きた時の対処法を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

リンク切れが起きた時の対処法

リンク切れ

まずは、画像のようにリンク切れが起きた時の対処法を解説します。


メディアをリンク

タイムラインパネルから、リンク切れを起こしているクリップを右クリックして「メディアをリンク」を選択します。
メディアをリンクは下の方にあります。


検索

「メディアをリンク」のパネルが開きます。
右下の検索ボタンをクリックしてください。


OKをクリック

リンク切れしているファイルを探して、選択状態にしてOKをクリックします。


これでリンク切れを解決できます。


リンク切れを起こさないためにできること

ここでは、リンク切れを起こさないためにできることを紹介します。
具体的には下記のとおりです。

  • 素材は一つのファイルにまとめる
  • 素材の移動は避ける
  • USBやHDDは接続したままにする

素材は一つのファイルにまとめる

動画で使用する素材は一つのファイルにまとめておくとよいでしょう。
自分ひとりで編集する時は素材がバラバラでも問題ありませんが、他の人とファイルを共有する時に不便です。
また、共有するときにファイルを一つにまとめると素材のディレクトリが変更されリンク切れを起こします。
動画を作成するときは、あらかじめ素材を一つのファイルにまとめておきましょう。

素材の移動は避ける

動画編集をしている際に、素材を別のファイルに移動させるのはやめましょう。
素材の保存されいる場所が変更されると、リンク切れの原因になります。

USBやHDDは接続したままにする

動画で使用する素材が、USBやHDDの中にある場合は必ず接続したままにしましょう。
編集している途中で接続を外すとリンク切れを起こします。
ずっと接続した状態が面倒な場合は、あらかじめパソコン内に素材を移動させておきましょう。


まとめ:素材の保存場所に注意

リンク切れの原因として最も多いのが、素材の保存場所が変更されることです。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。