【Photoshop】フォトショで自由変形できない?よくある原因と対処法

Photoshopで作業している時に、自由変形ができなくなったことはありませんか。
今回の記事では、自由変形ができなくなった時の原因と対処法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますのでぜひご覧ください。

レイヤーを選択できていない

まず最初に、変形させたい画像のレイヤーを選択できていないことが考えられます。

レイヤーを選択できていない

画像のように、少し白くなっていればレイヤーが選択できています。


パスを選択している

他に考えられる理由としては、パスを選択していることが挙げられます。

パスが変形されてしまう

画像のように、レイヤーを選択しているのに何故かパスが変形されてしまう場合です。


パスの選択を解除

解決方法は簡単です。
パスのパネルを開きます。
そして、空いている部分をクリックして、パスの選択を解除します。


レイヤーを変形させることがでる

これで、レイヤーを変形させることができます。

レイヤーにロックがかかっている

レイヤーにロックがかかっている

画像のように、レイヤーに鍵のマークが付いている状態を「レイヤーがロックされている」といいます。
鍵のマークをクリックして、レイヤーのロックを解除しましょう。


縦横比を変えて自由変形したい場合

縦横比を変えて自由変形

最後に、画像のように縦横比を変えて自由変形をする方法について紹介します。


鎖のようなアイコンのチェックを外す

変形させるとき、画面上部のメニューに「W」と「H」項目があります。
その間にある鎖のようなアイコンのチェックを外せば、縦横比を変えて変形できるようになります。

縦横比を固定したい場合は、鎖マークをチェックしたままにしましょう。


まとめ:パスを使っているときは注意!

パスを使って編集しているときは、急に自由変形ができなくなって焦ることもあるかもしれません。
ぜひ今回紹介した内容を、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。