Photoshop(フォトショップ)合成写真を作る流れとテクニック

Photoshopでは、画像を切り抜いて合成写真を作成することができます。
今回の記事では、Photoshopで合成写真を作成する流れとテクニックについて紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

下記のステップで作成していきます。

STEP.1
画像の準備
STEP.2
画像を切り抜き
STEP.3
切り抜いた画像を合成してなじませる

Step1画像の準備

画像の準備

まずは、合成する写真を準備します。
切り抜く画像背景にする画像を準備しましょう。
画像を用意するときは下記のポイントに注意しましょう。

  • 光が当たっている角度が同じ画像
  • 解像度が高い画像
  • ピンボケしていない画像

Step2画像を切り抜き

画像を用意したら、切り抜いていきます。

クイック選択ツールを選択

ツールバーからクイック選択ツールを選択しましょう。
そして、画面上部の「被写体を選択」をクリックします。


選択範囲を作成

すると簡単に選択範囲を作成してくれます。


クイック選択ツールで微調整したら、コピーして背景画像に貼り付けましょう。

画像を綺麗に切り抜く方法は下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Photoshop(フォトショップ)の切り抜き|髪の毛や羽毛を綺麗に切り抜く方法

Step3切り抜いた画像を合成してなじませる

最後に切り抜いた画像をなじませます。
やることは基本的に下記の通りです。

  • 画像の大きさを調整
  • 画像の境界線をぼかしてなじませる
  • 調整レイヤーで明るさと色味を調整

切り抜いた画像をなじませる方法は下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

PhotoshopでクオリティUP!合成した写真を自然になじませる方法を紹介

合成で使えるテクニック

最後に合成で使えるテクニックを3つ紹介します。
紹介するのは下記の3つです。

  • 覆い焼きツールと焼き込みツール
  • フィルターギャラリー
  • 描画モード

覆い焼きツールと焼き込みツール

覆い焼きツール

覆い焼きツールは、なぞった部分を明るくすることができます。


焼き込みツール

焼き込みツールはなぞった部分を暗くします。

画像の光の当たり具合を調整するのに便利です。

フィルターギャラリー

フィルターギャラリーを使えば、画像に色々なエフェクトを加えることができます。

フィルターギャラリー

例えば、画像のようにイラストっぽく編集することも可能です。
写真を合成して一つのコラージュ作品を作るときに便利です。

フィルターギャラリーについては下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Photoshop(フォトショップ)フィルターギャラリーの使い方や種類

描画モード

描画モードは、特殊なエフェクトや写真を作成するときに使われます。

例えば、画像のようにお化けのような写真を作成できます。


まとめ:合成のやり方を知っておこう

合成の方法とテクニックを知っておくと、Photoshopで様々な作品が作れるようになります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。